MEMBER

乳と乳製品のQ&A

牛乳に女性ホルモン作用があるというのは本当ですか?

Answer

牛乳摂取によって女性ホルモンの影響を受けることはありません。

もっと詳しく読む

女性ホルモンとは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類あります。牛乳は、妊娠中の牛から搾るので女性ホルモンが含まれていますが非常に微量で、現在まで、国際的にも人間の健康に影響するとの報告はありません。

過去に行われた「市販牛乳及び脱脂粉乳中における牛の性ホルモンの含有量実態調査」では、エストロゲンのうち最も多く含まれるエストラジオールにおいても、男性・女性のエストラジオール正常値に比べてごく微量であることが分かりました。結果の詳細は食品安全委員会のホームページでご覧になれます。
牛乳には女性ホルモン作用があるとは言えませんので、安心してお召し上がりください。

関連情報
乳牛には、どのような飼料(エサ)を与えていますか?
牛が食べる草には脂肪はほとんどないのに、牛乳にはなぜ脂肪が含まれるのでしょうか?
どのような牛が乳を出すのですか?
  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ