MEMBER

乳と乳製品のQ&A

牛乳にはどのような種類があるのですか?

Answer

一般的に牛乳類と呼ばれているものは、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」及び「飲用乳の表示に関する公正競争規約」により、「牛乳」「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」「加工乳」「乳飲料」などに分類されています。

もっと詳しく読む

牛乳【乳脂肪分3.0%以上:無脂乳固形分8.0%以上】

乳等省令では直接飲用する目的で販売する牛の乳をいい、無脂乳固形分8.0%以上、乳脂肪分3.0%以上の成分を含有するものです。
使用できる原材料は生乳(せいにゅう/牛などから搾ったままの乳)のみで、水や他の材料を混ぜてはならないとされています。

成分調整牛乳【乳脂肪分1.5%以上:無脂乳固形分8.0%以上】

生乳から成分(水分、乳脂肪分、ミネラル等)の一部を除去したものです。

低脂肪牛乳【乳脂肪分0.5%以上1.5%以下:無脂乳固形分8.0%以上】

生乳から脂肪分を除去したもので、乳脂肪分が0.5%以上1.5%以下のものです。

無脂肪牛乳【乳脂肪分0.5%未満:無脂乳固形分8.0%以上】

生乳からほとんどすべての乳脂肪分を除去したもので、乳脂肪分が0.5%未満のものです。低脂肪牛乳・無脂肪牛乳は、ともに原材料は生乳100%のみで、無脂乳固形分は8.0%以上です。

加工乳

生乳にクリームやバター、脱脂粉乳などの乳製品を加えたもの、あるいは生乳を原料としたバターや脱脂粉乳などの乳製品を加工したもので、無脂乳固形分のみ8.0%以上と定められています。

乳飲料【乳固形分3.0%以上】

乳固形分のみ3.0%以上と定められており、牛乳の成分以外の原材料も使用が認められています。
栄養強化でカルシウムや鉄分などを加えたものや、コーヒーや果汁などに糖分を加えた嗜好的なものがあります。

牛乳類の種類とそれぞれの使用原材料
牛乳類の種類とそれぞれの使用原材料
関連情報
牛乳容器に表示されている「成分無調整」は法律の規制に基づいたものでしょうか?
「低脂肪牛乳」と「低脂肪乳(加工乳)」「低脂肪乳(乳飲料)」の違いはなんですか?
無脂乳固形分とは何ですか?
  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ