MEMBER

乳と乳製品のQ&A

ヨーグルトを手作りする時、何度も続けて作っても衛生面は大丈夫でしょうか?

Answer

衛生面で注意することは容器の殺菌を正しく行うことです。種菌は都度新しいものを使うのがおすすめです。

もっと詳しく読む

手作りヨーグルトの材料となる牛乳は、中性で栄養分も多く開封後は微生物が繁殖しやすい食品です。工場でヨーグルトを製造するときには、清潔でよく整備された環境で乳酸菌は原料に添加されています。それと同等の作業をご家庭で行うのはなかなか困難です。

市販のヨーグルトを種として作っても、ヨーグルトはできますが含まれる乳酸菌が製品と同じくらいに増えることは稀です。
植え継ぎの途中で、元とは違う菌が入り増殖している場合もありますので、使用する器具を熱湯消毒するなど他の菌の混入に充分注意してください。

市販されている種菌を使って作る場合には、温度管理などそのやり方にしたがって行ってください。新しい種菌を都度お使いになることをおすすめします。

関連情報
ヨーグルトを手作りする時、低温殺菌牛乳だとうまく仕上がらないことがあるのはどうしてですか
  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ