MEMBER

乳と乳製品のQ&A

育児用ミルクはどのようにして母乳に成分を近づけているのですか?

Answer

育児用ミルク(乳児用調製乳)は、原料となる牛乳の組成を母乳に近づけるために、栄養成分を置き換えたり強化したり、過剰な成分を減らすなどの調整をしてあります。

もっと詳しく読む

●母乳、乳児用調製乳、牛乳の比較

乳児用調製乳の原料である牛乳と、母乳の成分を比較すると、炭水化物、ビタミンA、ナイアシン、ビタミンCは母乳に多く含まれます。                           

●乳児用調製乳の成分の特徴

たんぱく質

牛乳ではカゼインが約80%、乳清たんぱく質が約20%ですが、育児用調製乳はカゼイン約40%、乳清たんぱく質約60%と母乳に近づけています。

炭水化物

母乳、牛乳とも乳糖が大部分を占めます。育児用調製乳には乳糖を添加して母乳に近づけています。また、母乳にはわずかですがオリゴ糖も含まれるので、オリゴ糖も加えています。

脂質

母乳、牛乳とも量はほぼ同じですが、脂肪酸の組成が異なります。育児用調製乳は牛乳の脂肪を一部植物性脂肪に置換し、リノール酸など必須脂肪酸のバランスを母乳に近づけています。

ミネラル

牛乳には母乳の3倍以上のミネラルがあり、カルシウム、リン、ナトリウム、カリウムが多く含まれています。ミネラル分が多いと、腎機能の未熟な乳児には負担が大きいので、育児用調製乳はこれらを低減し、カルシウムとリンの割合も母乳とほぼ同じ比率にしています。

ビタミン

ビタミン類を強化しています。母乳栄養児に多いビタミンK欠乏性出血症を防ぐために、ビタミンKを強化しています。

関連情報
育児用ミルクに表示されている、消費者庁許可のマークは何でしょうか?
母乳に代わる育児用粉ミルクには、どのような歴史がありますか?
  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ