MEMBER

乳と乳製品のQ&A

小学生の子どもに牛乳を好きなだけ飲ませても良いのでしょうか?

Answer

活動量や食事全体のバランスを考えて飲みましょう。小学生は給食の牛乳1本(200ml)にプラスして、コップ1/2杯(100ml)が一日あたりのおおよその目安です。

もっと詳しく読む

食事がきちんと摂れていて肥満の兆候がなければ、牛乳を摂りすぎて害になるということはありません。小学生の子どもにとって、成長のためにカルシウムは重要な栄養素です。身長が伸びるのは、新しい骨が作られ長くなっているためで、カルシウムはたんぱく質やミネラルとともに骨の材料となります。

ですが、牛乳に限らず一種類で全ての栄養素が摂れる食品はないので、バランスのよい食事を摂らないと不足する栄養がでてきます。牛乳はビタミンCや食物繊維はほとんどなく、鉄も微量しか含まれていないので食事全体のバランスを考えて飲むことが大切です。

また、カルシウムは特に意識して摂らないと不足しがちな栄養素なので、優れたカルシウム供給源である牛乳・乳製品を積極的に摂ることは大変よいことです。牛乳のほか、ヨーグルトやチーズでも構いません。

飲むタイミングはいつでもよいのですが、食事量に影響するような場合は、食後に飲んだり、一度で飲む量を減らして回数を増やすなど工夫しましょう。

カルシウム食事摂取基準:推奨量(一日あたり)

6~7歳 男子:600mg/女子:550mg
8~9歳 男子:650mg/女子:750mg
10~11歳 男子:700mg/女子:750mg
(日本人の食事摂取基準(2020年版)より)

関連情報
牛乳をたくさん飲む子どもには「低脂肪牛乳」を飲ませる方が良いでしょうか?
  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ