MEMBER

乳と乳製品のQ&A

牛乳の容器は、紙と瓶のどちらが環境にやさしいのでしょうか?

Answer

環境保護を考える場合、容器の材質だけでなく、輸送エネルギーやリユース・リデュース面など、多角的に考える必要があり、どちらが環境にやさしいかという判断は難しいです。

もっと詳しく読む

●紙容器について

紙容器の原料は、伐採した針葉樹を建材や家具に使われなかった端材で、木を1本丸ごと材料にしているわけではありません。
軽量なので、輸送効率がよく、エネルギーを節約でき、また、飲んだ後もコンパクトになるので、持ち運びがしやすいというメリットがあります。

しかし、家庭からのリサイクル率はここ数年、約35%です。捨ててしまえばゴミですが、リサイクルして他の紙類に利用することで、さらに環境にやさしい容器になることができます。
紙容器のリサイクルについては、全国牛乳容器環境協議会ホームページをご覧ください。

●瓶容器

ガラス瓶の主な原料は、けい砂や石灰石などですが、製瓶技術の向上により、昔に比べて軽量化されています。
牛乳を飲んだ後、回収された牛乳瓶は、きれいに洗浄されて繰り返し利用されたり、細かく砕かれて、再度、瓶の原料となったりします。

瓶容器のリサイクルについては、ガラスびん3R促進協議会ホームページをご覧ください。

きちんと分別して回収に出し、再生された商品を使うことで、どちらの容器も環境にやさしくなります。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ