MEMBER

乳と乳製品のQ&A

チーズにはどのような栄養があるのでしょうか?

Answer

チーズの種類にもよりますが、たんぱく質、脂質、ビタミンAやB2、カルシウムを豊富に含みます。

もっと詳しく読む

チーズは、牛、山羊などの乳から水分を除いて栄養を固めたものです。
100gのチーズを作るのにおよそ10~14倍の乳が使われますから、いかに栄養豊富な食品であるかが分かります。

たんぱく質

熟成中の乳酸菌やたんぱく質分解酵素の働きにより、一部はアミノ酸にまで分解されているので、消化吸収しやすくなっています。

脂質

熟成中に脂肪酸にまで分解されるので、消化吸収しやすくなっています。

ビタミン

ビタミンAやB2が豊富に含まれています。

カルシウム

たんぱく質と一緒に存在するため、小魚などのカルシウムに比べて、吸収率の高いのが特徴です。

ナチュラルチーズは原料乳や製造方法などによってさまざまな種類があり、それぞれ栄養成分にも違いがあります。
パルメザンチーズなど水分の少ないものには、たんぱく質、カルシウムが多く含まれています。脂肪はクリームチーズのように多いものから、カッテージチーズのように少ないものまであります。

チーズの栄養(100g中)
パルメザンチーズ(ナチュラルチーズ)
エネルギー 445Kcal
水分 15.4g
たんぱく質 44.0g
脂質 30.8g
炭水化物 1.9g
ビタミンA(レチノール活性当量) 240μg
ビタミンB2 0.68mg
食塩相当量 3.8g
ゴーダチーズ(ナチュラルチーズ)
エネルギー 356Kcal
水分 40.0g
たんぱく質 25.8g
脂質 29.0g
炭水化物 1.4g
ビタミンA(レチノール活性当量) 270μg
ビタミンB2 0.33mg
食塩相当量 2.0g
ブルーチーズ(ナチュラルチーズ)
エネルギー 326Kcal
水分 45.6g
たんぱく質 18.8g
脂質 29.0g
炭水化物 1.0g
ビタミンA(レチノール活性当量) 280μg
ビタミンB2 0.42mg
食塩相当量 3.8g
カマンベールチーズ(ナチュラルチーズ)
エネルギー 291Kcal
水分 51.8g
たんぱく質 19.1g
脂質 24.7g
炭水化物 0.9g
ビタミンA(レチノール活性当量) 240μg
ビタミンB2 0.48mg
食塩相当量 2.0g
クリームチーズ(ナチュラルチーズ)
エネルギー 313Kcal
水分 55.5g
たんぱく質 8.2g
脂質 33.0g
炭水化物 2.3g
ビタミンA(レチノール活性当量) 250μg
ビタミンB2 0.22mg
食塩相当量 0.7g
カッテージチーズ(ナチュラルチーズ)
エネルギー 99Kcal
水分 79.0g
たんぱく質 13.3g
脂質 4.5g
炭水化物 1.9g
ビタミンA(レチノール活性当量) 37μg
ビタミンB2 0.15mg
食塩相当量 1.0g
プロセスチーズ
エネルギー 313Kcal
水分 45.0g
たんぱく質 22.7g
脂質 26.0g
炭水化物 1.3g
ビタミンA(レチノール活性当量) 260μg
ビタミンB2 0.38mg
食塩相当量 2.8g
牛乳
エネルギー 61Kcal
水分 87.4g
たんぱく質 3.3g
脂質 3.8g
炭水化物 4.8g
ビタミンA(レチノール活性当量) 38μg
ビタミンB2 0.15mg
食塩相当量 0.1g

日本食品標準成分表2020年版(8訂)より

ナチュラルチーズ 100g中のカルシウム量(mg)
ナチュラルチーズ 100g中のカルシウム量(mg)
関連情報
チーズにはどのような種類があるのですか?
  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ