MEMBER

乳と乳製品のQ&A

生後いつごろから牛乳を飲んでもよいですか?

Answer

厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」の中で、“牛乳を飲用として与える場合は、鉄欠乏性貧血の予防の観点から、1歳を過ぎてからが望ましい”とあります。

もっと詳しく読む

牛乳を多量に摂取することによりほかの離乳食の摂取量が少なくなり、鉄欠乏状態になった例があります。栄養豊富な牛乳は赤ちゃんには腸や腎臓への負担となりますので、飲用として与える場合は1歳以降からにしましょう。

生後7~8か月頃からヨーグルトや脂肪の少ないチーズなどを取り入れることもできますし、パンがゆなど調理用として、少量の牛乳から慣らしていきましょう。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ