MEMBER

乳と乳製品のQ&A

バターを上手に保存するにはどうすればよいでしょうか?

Answer

バターを保存する場合は10℃以下、使い残しは密封する、においの強いものと一緒に置かない、などに気を付けましょう。バターは冷凍保存も可能です。

もっと詳しく読む

豊かな香りと風味をもつバターは、湿度や空気、光の影響を受けやすいですが、上手に保存すれば風味を保つことができます。

保存温度は10℃以下で

バターは28~33℃くらいで溶けてしまします。一度溶けてしまうと組織が壊れ、再び冷蔵しても元のような風味や口当たりには戻りません。
缶や瓶入りバターもあり紙箱包装のものより空気の出入りが少なく、光を通さないので風味を長く保つことができますが、紙箱入りバターと同様に冷蔵保存してください。

使い残しは密閉する

長期間空気に触れると、脂肪が酸化しやすく変色やイヤなにおいを生じることがあります。
使い残したバターは密封容器に入れたり、ラップで包むなどしてください。他の乳製品同様においを吸着しやすいので、においの強いものと一緒に置かないようにしてください。

冷凍保存をする

バターは80.0%以上の乳脂肪分の中に水分が分散しています。冷凍後解凍しても組織への影響はほとんどありません。カットして冷凍しておくと、調理に使えて便利です。ただしご家庭の冷凍庫は開け閉めも多く、冷凍庫内の温度も高くなりがちなため、長期の保存はお勧めできません。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ