MEMBER

乳と乳製品のQ&A

中学生が牛乳・乳製品を摂取することはなぜ重要なのでしょうか?

Answer

牛乳・乳製品はカルシウム吸収率が高い食品で、最も骨にカルシウムを貯められる成長期に手軽にカルシウム補給できるからです。

もっと詳しく読む

心身ともに発達が著しく、骨量も高まるこの時期にカルシウムを十分摂取しておくと、後に迎える最大骨量(ピークボーンマス)が高くなり、その結果、将来骨粗鬆症の予防に効果的です。特に女子にとってカルシウムを摂ることは将来の出産のためにも大切で、また月経前症候群の緩和にも有効という報告もみられます。

体重や体脂肪の増加が気になる人は、低脂肪のものを飲むのもよいですが、牛乳摂取量が多いと体脂肪率が低いという報告がされています。また、牛乳・乳製品に含まれるアミノ酸には、運動時の骨格筋のエネルギー源となり、筋肉作りに必要とされる分岐鎖アミノ酸がバランスよく含まれています。
部活などで運動を行う際は、運動による筋肉の増加や発汗に見合った栄養素と水分補給が必要ですが、牛乳は両方を手軽に補える食品としておすすめです。さらに、牛乳に多く含まれるビタミンAは美肌にも効果があることが知られています。

高校生になると、給食がなくなり牛乳の摂取頻度も摂取量も減少しやすいので、中学生の時から朝などに飲む習慣づけが望まれます。

関連情報
中学生・高校生が1日にどれくらい牛乳を飲めばカルシウムは足りるのでしょうか?
  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ