MEMBER

乳と乳製品のQ&A

育児用粉ミルクの調乳温度はなぜ70℃以上なのですか?

Answer

ミルクを調乳する過程でやむを得ず細菌が混入した場合、その菌を殺菌するためです。

もっと詳しく読む

2007年にWHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)により「乳児用調整粉乳の安全な調乳、保存および取扱いに関するガイドライン」が公表され、2007年6月に厚生労働省の指導により70℃以上で調乳することとなりました。

加熱による影響が大きいと考えられるのはビタミンCですが、70℃以上の調乳方法によるビタミンの損失を考慮しているためで、栄養の不足の心配はありません。
調乳の際は高温なためやけどに注意し、必ずミルクが人肌程度に冷めていることを確認の上飲ませてあげてください。

関連情報
粉ミルクを溶かす水にミネラルウォーターは使えますか?
  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が伸びますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ