MEMBER

乳と乳製品のQ&A

牛乳やヨーグルトにトランス脂肪酸はどのくらい含まれているのでしょうか?

Answer

牛乳100gに0.07~0.13g、ヨーグルト100gに0.07~0.11g含まれていますが、WHOの目標値を大幅に下回っています。

もっと詳しく読む

トランス脂肪酸とは、脂質の構成成分である脂肪酸の一種です。
トランス脂肪酸は、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品の中に含まれている天然由来のものと、常温で液体の植物油などから半固体又は固体の油脂を製造する加工技術の一つである「水素添加」によって製造されるマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどに含まれているものがあります。

トランス脂肪酸の摂取量が多いと、冠動脈疾患などを増やすリスクが報告されています。
WHO(世界保健機関)では、これらのリスクを低減し、健康を増進するための目標として、トランス脂肪酸の摂取を総エネルギー比1%未満に抑えるよう提示しています。

トランス脂肪酸の平均摂取量(エネルギー比)

アメリカ:2.2% 日本:0.3%
(食品安全委員会ホームページ 2015年更新分より) 

このように大多数の日本人のトランス脂肪酸の摂取量は、WHOの目標値を下回っています。
脂質に偏った食事をしている人は、注意する必要がありますが、通常の食生活では、健康への影響は小さいと考えられます。また、食品中のトランス脂肪酸を低減すると、飽和脂肪酸の含有量が増加する傾向があり、飽和脂肪酸については、摂取目標量の上限(エネルギー比7%)を超える性・年齢階級があることに留意が必要と考えます。

脂質自体は重要な栄養素でもありますが、近年は、食生活の変化により脂質の摂取過剰が懸念されており、トランス脂肪酸だけを必要以上に心配せず、脂質全体の摂取量に十分配慮し、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ