MEMBER

乳と乳製品のQ&A

牛乳を飲んだときの胃の中のpH値を教えてください。

Answer

各種食品摂取時の胃内pHの変化を経時的に比較した報告があります。※ その中で牛乳180ml(たんぱく質含量5.2g)を飲むと胃内pHは数秒後に6~7に上昇し、19~73分、平均45.5分後にpH3に下降したとの記述があります。

もっと詳しく読む

また、別の報告※※では牛乳180mlを投与して、制酸持続時間の検討を行った結果、市販の牛乳1本は約1時間に渡る制酸効果を持続する旨の記述があります。各種食品摂取時の胃内pHの変化を経時的に比較した報告があります

出典・引用

※福井正範、消化性潰瘍の病態生理に関する研究-胃内pHおよび胃排出機能-、日本消化器病学会雑誌、第66巻、第12号(1969)

※※小泉裕、胃手術後有愁訴患者の食道、残胃内pHの分析とその治療に関する研究、日本消化器外科学会誌、第11巻、第3号(1978)

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ