MEMBER

乳と乳製品のQ&A

カルシウムが不足するとイライラするって本当ですか?

Answer

カルシウムと「イライラ」についての研究報告があるわけではなく、カルシウム不足とイライラは関連しませんが、カルシウムは脳の興奮を抑える働きがあります。

もっと詳しく読む

カルシウムには脳神経の興奮を抑える働きがあります。そのため、“カルシウム不足=脳神経の興奮=イライラ”と考えられがちです。しかしカルシウムは、血液中で一定になるように貯蔵庫である骨から血液中に放出され、逆に過剰状態では骨に取り入れられたり、尿中に廃棄されるなどして調節されています。
つまりカルシウムを含んだ物を食べないからといって、即イライラすることはありません。

カルシウム摂取の不足や牛乳の飲用は、直接的に血液中の濃度を大きく変えることはありませんが、日常的に牛乳を飲むことで不足を補い、体内のカルシウムバランスを適正に保つことができると思われます。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ