MEMBER

乳と乳製品のQ&A

中学生・高校生が1日にどれくらい牛乳を飲めばカルシウムは足りるのでしょうか?

Answer

活動量によって異なりますが、コップ1~2杯を目安に他の食品とバランスよく摂るようにしましょう。

もっと詳しく読む

中学生の1日のカルシウムの推奨量は、男子は1000mg、女子は800mgです。
高校生の1日のカルシウムの推奨量は、男子は800mg、女子は650mgです。

牛乳コップ1杯(200ml)中には約200mgのカルシウムが含まれています。
食事バランスガイドでは成長期で特に必要なカルシウムを十分に摂るために、牛乳の適量は少し幅を持たせて、1日にコップ1~1.5杯までを目安に飲むと良いとされています。活動量が多い場合はコップ1~2杯が目安になります。

給食がほとんどなくなる高校生では、牛乳の摂取頻度も摂取量も減少しやすいので、定期的に飲む習慣づけが望まれます。特に女子にとってはカルシウムの摂取は骨粗鬆症予防のためにも、将来の出産のためにも大切です。

この時期は骨量が大きく増える時期なので、カルシウムやたんぱく質が豊富に含まれる牛乳・乳製品をうまく利用し、バランスの良い食事を心がけましょう。

カルシウム食事摂取基準:推奨量(一日あたり)

12~14歳 男子:1,000mg/女子:800mg
15~17歳 男子:800mg/女子:650mg
(日本人の食事摂取基準(2020年版)より)

関連情報
中学生が牛乳・乳製品を摂取することはなぜ重要なのでしょうか?
  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ