MEMBER

乳と乳製品のQ&A

日本人が牛乳を飲むようになったのは、いつからですか?

Answer

日本で初めて飲まれたのは、飛鳥時代。庶民に広がったのは明治の初めの頃です。

もっと詳しく読む

日本での牛乳乳製品に関する主な歴史は、下記のようになります。

飛鳥・奈良時代

645年

乙巳(いっし)の変のころ、百済(くだら)から移住した智聡(ちそう)の子孫、善那(ぜんな)が孝徳天皇に牛乳を献上。

701年

大宝律令により皇族用の指定酪農家、乳戸(にゅうこ)が都の近くに集められ、宮中に牛乳約2.3Lを供御し、余りは煮詰めて保存性のよい「酥」を作っていました。

718年

元正(げんしょう)天皇が七道諸国に酥の貢納(税として納めること)を命じました。

平安時代

924年

貢酥の制度がますます盛んになり、「延喜式」に各地区の貢酥の量と納める年の順番が定められました。

984年

日本で一番古い医術書「医心方(いしんほう)」には、“乳は全身の衰弱を補い、通じをよくし、皮膚をなめらかに美しくする”と古代乳製品の効用や、”牛乳を服するときは必ず一、二回煮沸し、冷えてから飲むべし”など衛生的知識が記されています。

江戸時代

1727年

8代将軍吉宗は、オランダ人商館の馬術師兼獣医に馬の医療用として牛乳やバターの必要性を教えられ、インドから白牛3頭を輸入して千葉県南房総市で飼育を始めました。これが近代酪農の始まりといわれています。
開国して外国人が住むようになると、牛乳の必要性が一層高くなりました。

1866年

前田留吉は、オランダ人から牛の飼育や搾乳を習い、横浜に牧場をひらき、牛乳の販売を始めました。

明治から昭和

1871年(明治4)

“天皇が毎日2回ずつ牛乳を飲む”という記事が「新聞雑誌」に載ると、国民の間にも牛乳飲用が広まるようになりました。

1922年(大正11)

小学校医 岡田道一が「学校家庭児童の衛生」で牛乳はビタミンが豊富で腎臓病や脚気に効果があるので、子どものうちに牛乳好きにすべきであると主張。

1928年(昭和3)

「牛乳営業取締規則施行細則」が施行され、牛乳の殺菌が義務化されました。

1951年(昭和26)

厚生省(現:厚生労働省)が「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」を公布。

関連情報
平安時代から江戸前中期頃までの乳文化に関するものをみかけないのはなぜでしょうか?
  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ