MEMBER

乳と乳製品のQ&A

牛が食べる草には脂肪はほとんどないのに、牛乳にはなぜ脂肪が含まれるのでしょうか?

Answer

牛に4つある胃のうち第1胃には多くの微生物がいて、飼料を分解・発酵して脂肪酸が作られます。それをもとに乳脂肪が合成されています。

もっと詳しく読む

牛が食べた飼料は、4つある胃のうちまず第1胃(ルーメン)に行きます。
第1胃には多くの微生物がいて、飼料を分解・発酵します。この過程で飼料に含まれる炭水化物から酢酸や酪酸などの短鎖脂肪酸が作られ、ルーメン壁から吸収されて乳腺細胞に運ばれます。

いっぽう、粗飼料(草)や濃厚飼料(穀類)に含まれる微量の脂肪分は、主に消化液で分解され脂肪酸となり、小腸壁から吸収され乳腺細胞に運ばれます。乳腺細胞に運ばれたこれらの脂肪酸は、乳脂肪へと合成されます。これが牛乳中に含まれる脂肪の約90%です。

そのほかに体に蓄積された体脂肪は、血液中に長鎖脂肪酸として遊離し、乳腺細胞に運ばれ乳脂肪になります。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ