MEMBER

乳と乳製品のQ&A

発酵バターとはどのようなバターですか?

Answer

原料のクリームに乳酸菌を加えて乳酸発酵させてから作ったバター、もしくは、バターに直接乳酸菌を練りこんで乳酸発酵させたバターです。

もっと詳しく読む

ヨーロッパなどでは古くからバターが作られていました。
そのころの技術では牛乳からクリームを十分に分離するまでに自然と乳酸発酵が進み、このクリームで作ったバターは発酵バターでした。その伝統が受け継がれ、これらの国々では発酵バターが主流となりました。

日本の場合、バターは近代的な製造技術とともに導入されたため、多くは非発酵バターです。
最近では発酵バターも増えてきていますが、クリームを発酵させる乳酸菌は種類により味や風味が異なります。

発酵バターの利用方法は普通のバターと同じで、パンに塗るほか、炒め料理やお菓子づくりなどに使うとコクのある仕上がりになります。普通のバターと同じように冷蔵庫で保存してください。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ