MEMBER

乳と乳製品のQ&A

バターはいつ頃から使われていますか?

Answer

その起源については定かではありませんが、紀元前2000年頃すでにバターらしきものが作られていたという記録があり、日本には6世紀頃渡来したと言われています。

もっと詳しく読む

世界におけるバターの歴史

インドの古い経典には紀元前2000年ごろ、すでにバターらしきものがつくられていたという記述が見られます。
旧約聖書の中にも「かくてアブラハムはバターを取り、乳を取り……」という一節があり、古くからバターがつくられていたことが分かります。

古代ギリシャやローマ時代には、バターは食糧としてよりも医薬品や化粧品として用いられたようです。食用としての利用は、紀元前60年ごろ、ポルトガルが最初といわれています。その後、フランスやべルギー、ノルウェーとヨーロッパ各地に広がっていきました。

日本におけるバターの歴史

6世紀ごろ、仏教とともに乳を利用する文化が渡来しました。日本最古の乳製品といわれる「酥」は牛乳を凝縮したもので、現在のチーズともバターともいわれています。
乳製品がふたたび日本にやってくるのは18世紀以降のことです。長崎の出島にあったオランダ商館では牛や山羊を飼い、バターを食べていたということですが、一般には利用されることはありませんでした。

日本でバターの製造が始まったのは明治時代からです。
明治政府は、西洋にならって広く国民に牛乳の飲用を勧め、畜産を奨励しました。バターが最初に製造されたのは1872年、東京麻布の北海道開拓第3官園実習農場で試験的につくられました。
本格的な製造は1885年、東京麹町の北辰舎がクリーム分離機と回転チャーンを導入して製造してからです。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ