MEMBER

乳と乳製品のQ&A

ヨーグルトを上手に保存するにはどうすればよいでしょうか?

Answer

ヨーグルトを保存する場合は10℃以下、振動を加えない、しっかりとふたを閉める、などに気を付けましょう。

もっと詳しく読む

ヨーグルトの乳酸菌は生きているので、保存温度が低いほうが発酵の進みが遅く、製造時の新鮮な味を保つことができます。

保存温度は10℃以下で

温度が高いと乳酸菌の活動が活発になって酸度が高くなり、味が酸っぱくなるとともに水分(ホエイ)が分離する原因になります。
ただし微凍結から氷温の温度を有するチルドルーム・氷温室や直接冷気の当たる場所で保存すると凍結する場合があり、ヨーグルトの組織が不安定になります。凍結したヨーグルトを解凍すると、水分(ホエイ)が分離して元の滑らかな組織には戻りません。このような場所を避けて10℃以下の冷蔵庫で保存してください。

振動を加えないで

ヨーグルトに振動を加えると、水分(ホエイ)が出てきます。冷蔵庫で保存するときは、ドアの部分には入れないでください。

ふたはしっかりと閉めて

ふたが開いていると、空気中の雑菌が入り風味が変わりカビが生える原因にもなります。
また、他の乳製品と同様、においを吸着しやすくなります。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ