MEMBER

乳と乳製品のQ&A

アイスクリームの起源はいつ頃でしょうか?

Answer

アイスクリームのルーツは紀元前ギリシャ・ローマ時代、食品を保存するための氷雪に蜜や果汁をかけて食べたことから始まります。

もっと詳しく読む

アイスクリームの世界史

紀元前ギリシャ・ローマ時代の健康食品

ギリシャのアレキサンダー大王は、奴隷たちに山から氷雪を運ばせ、果汁に糖蜜を加えた冷たい飲み物を兵士たちに与え、士気を高めたそうです。

11世紀頃:シャーベットはイタリア生まれ

シリア地方へ侵攻した十字軍が、「シャルバート」の製法をヨーロッパに伝え、イタリアのシチリアで果物やナッツを使って「ソルベット」(シャーベットのイタリア語)が作られるようになりました。

17世紀末:パリで、世界初のアイスクリーム誕生

フランソワ・ブロコープがホイップクリームを凍結させた「グラス・ア・シャンティ」を考案。この頃から、フランスでは、アイスクリームがようやく庶民の口に入るようになりました。

19世紀半ば:アメリカで発達したアイスクリーム

1851年、ボルモアの牛乳商ヤコブ・フッセルがアイスクリームの生産販売を思いつき、牛乳工場をアイスクリーム工場にしました。1870年代には、アンモニアガス圧縮式の冷凍方による工場生産が始まりました。

アイスクリームの日本史

4世紀後半:自然の冷蔵庫「氷室(ひむろ)」

仁徳天皇の時代に奈良に自然の冷蔵庫「氷室」が作られ、冷菓の歴史が始まりました。

12世紀初め:貴族のデザート「削り氷(けずりひ)」

平安時代の「枕草子」「源氏物語」に「削り氷」という氷菓が書かれています。
氷を砕き、つたの蜜「甘葛煎(あまずらせん)」をかけたものです。

1875年頃:アイスクリームは文明開化のシンボル

銀座に「風月堂」「資生堂」「函館屋」などが次々にオープン。
明治16年に建てられた鹿鳴館では、アイスクリームが晩餐会のデザートとして欠かせないものとなりました。

1955年頃:夏のおやつの定番に

昭和30年代に入り、現在も販売されているカップアイスやコーンアイスも登場し、より身近なものになりました。また、フリーザー(冷凍)付き家庭用冷蔵庫が普及し始め、販売量も増加しました。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ