MEMBER

乳と乳製品のQ&A

妊娠中に牛乳を飲みすぎると、赤ちゃんが乳アレルギーになるというのは本当ですか?

Answer

食物アレルギーの発症予防のための、妊娠中の母親の食物除去は推奨されていません。

もっと詳しく読む

食物アレルギー発症予防のために妊娠中に食物除去を行うと、母体と児に栄養障害をきたす恐れもあります。厚労省の「妊産婦のための食事バランスガイド」を参考にバランスの良い食生活をおくりましょう。

妊娠後期になると、母体から胎児にカルシウムが供給されて、新生児には約30gのカルシウムが蓄されています。ただ、妊娠中は腸管からのカルシウム吸収率が増加し、また排出量は減少するので、「日本人の食事摂取基準2020年版」において、カルシウム摂取量の負荷量はありません。

しかし、国民健康栄養調査では、20代以上の女性に必要なカルシウム推奨量(650mg/日)に対して、毎年達していないという結果(約400mg/日)となっていますので、今の食生活にカルシウム豊富な牛乳・乳製品をプラスしましょう。

※ご自身がアレルギーの方は、医師または管理栄養士にご相談ください。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ