MEMBER

乳と乳製品のQ&A

チーズのコレステロールが気になるのですが大丈夫ですか?

Answer

血液中のコレステロール値が正常であれば、心配はありません。

もっと詳しく読む

コレステロールは、人間の体に存在する脂質のひとつで、細胞膜、各種のホルモンや胆汁酸を作る材料となり、体に必要なものです。2~3割が食事としてとり入れられ、7~8割は体内で合成されますが、その合成量は体内でうまく調整されています。

食事として日本人が1日に摂るコレステロール量は約300~400mgです。プロセスチーズ1個あたり(17g)は13mgで、鶏もも肉(89mg/100g)や鶏卵(210mg/個)に比べると、それほど多くありません。このようなことから健康な人であれば、チーズのコレステロール量を気にすることはないと言えます。

チーズ1食あたりのコレステロール量
チーズ1食あたりのコレステロール量

生命維持に大切なコレステロールですが、血中の脂質の値が基準値から外れた状態を「脂質異常症」と言います。特にLDLコレステロールは単独でも動脈硬化を進行させるため、注意が必要です。一方、コレステロールが不足した場合も免疫力の低下を招いたり、脳出血の危険を増加させます。牛乳・乳製品を意識したバランスのよい食事、禁煙や運動、減量を心がけましょう。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ