MEMBER

乳と乳製品のQ&A

脱脂粉乳とはどういうものですか?

Answer

牛乳の脂肪分を除いたものから、ほとんどすべての水分を除去し、粉末状にしたものです。スキムミルクとも呼ばれています。

もっと詳しく読む

脂肪がほとんど含まれないため、少ないエネルギーでたんぱく質やカルシウムを摂ることができます。そのままなめるとほのかに甘く感じるおいしさがあり、水で溶いて牛乳代わりに飲むことができます。
脱脂粉乳10gを水90gで溶いたもの(=スキムミルク液100g)を牛乳100g(約97ml)と比べると、たんぱく質とカルシウム量はほぼ同じで、脂質が少なくエネルギー量が1/2だということが分かります。

スキムミルクと牛乳の栄養比較(100gあたり)
スキムミルク
エネルギー 354Kcal
水分 3.8g
たんぱく質 34.0g
脂質 1.0g
炭水化物 53.3g
カルシウム 1,100mg
ビタミンA(レチノール活性当量) 6μg
ビタミンB2 1.60mg
コレステロール 25mg
食塩相当量 1.4g
スキムミルク液 ※
エネルギー 35Kcal
水分 90.4g
たんぱく質 3.4g
脂質 0.1g
炭水化物 5.3g
カルシウム 110mg
ビタミンA(レチノール活性当量) 1μg
ビタミンB2 0.16mg
コレステロール 3mg
食塩相当量 0.1g

※スキムミルク10g+水90g(標準濃度)

牛乳
エネルギー 61Kcal
水分 87.4g
たんぱく質 3.3g
脂質 3.8g
炭水化物 4.8g
カルシウム 110mg
ビタミンA(レチノール活性当量) 38μg
ビタミンB2 0.15mg
コレステロール 12mg
食塩相当量 0.1g

日本食品標準成分表2020年版(8訂)より

料理ではシチューなどの煮込み、ひき肉や粉類(お好み焼きやホットケーキなど)に混ぜて使うとおいしさと栄養がアップします。その他にも乾燥により常温での長期保存が可能になる、輸送するにも軽くなるといった特徴が挙げられます。

種類別「脱脂粉乳」は食品衛生法に基づく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」により「生乳、牛乳又は特別牛乳の乳脂肪分を除去したものからほとんど全ての水分を除去し、粉末状にしたものをいう」と定義されています。成分規格は、乳固形分95.0%以上、水分5.0%以下と定められています。

脱脂粉乳に、カルシウムやビタミンD、コラーゲンなど栄養を強化したものは上記の定義と合わないため種類別「乳又は乳製品を主要原料とする食品」と表示されています。

  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が伸びますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ