MEMBER

年末年始の生乳需給状況を踏まえたお願いと緊急の取り組みについて

消費者の皆様へ

年末年始には、学校給食が休みとなることやお餅やお節料理などの日本の伝統食を食べる機会が多くなるため、牛乳の消費は例年減少します。
この結果、どうしてもカルシウムが不足気味となるため、牛乳を飲んで栄養のバランスを保つよう心掛けてはいかがでしょうか。
乳牛に冬休みはありませんので、食品ロスにつながらないようご協力願います。

- こちらもあわせてごらんください -

乳業者の皆様へ

ご案内のとおり、年末年始の生乳需給については、コロナ禍の中で生乳生産が拡大する一方、業務用を中心とした需要の回復が遅れていることから、大幅な緩和により処理不可能乳の発生が危惧される状況となっています。
つきましては、乳業者の皆様におかれましては、既にメールにて配信済みの「年末年始の処理不可能乳発生回避に向けた緊急の取組について(お願い)」を参考にしながら、特に以下の取組にご協力願います。

・製品における生乳使用率の引き上げ
・牛乳にウエイトを置いた生産販売
・乳製品工場のフル稼働
・工場における貯乳能力のフル活用
・積極的な販売促進活動

なお、酪農家の意欲減退や生産基盤を棄損しないためのJミルクの「緊急生乳出荷抑制対策」にご理解をいただくとともに、「緊急牛乳消費促進事業」の活用もご検討ください。

※ページ中ほどの「説明会資料」(PDF)をご覧ください。