MEMBER

乳と乳製品のQ&A

カマンベールやブルーチーズなどカビを利用して作られているチーズがありますが、そのカビは食べても害はないのですか?

Answer

チーズに用いるカビは食べても害はありません。カビには有害なものだけでなく、チーズの中のたんぱく質や脂肪を分解し、独特の風味や組織を作り出すのになくてはならない役に立つカビもあります。

もっと詳しく読む

カマンベール、ブルーチーズはカビを利用した食品の代表です。これらのチーズに利用されるカビは、ペニシリウムという種類で純粋培養したものが使われています。

白カビタイプ

チーズの表面に白カビを植えつけて熟成させます。カマンベール、ブリー、バラカがその代表です。いずれもたんぱく質を分解する力の強い白カビが、表面から中心に向かって熟成させていき、表面は白いカビで覆われ、内部は黄色がかったクリーム状になります。
カビの種類は、ペニシリウム・カマンベルティやペニシリウム・カゼイコラムなどを使っています。

青カビタイプ

青カビは内部に青緑色の大理石状の縞模様を作り、ピリッとした鋭い刺激性のある風味が特徴です。他のチーズと違い、中心から外側へ熟成が進みます。ペニシリウム・ロックフォルティを利用したフランスのロックフォールやイタリアのゴルゴンゾーラ、イギリスのスティルトンは世界三大ブルーチーズとして有名です。

これらの有用なカビとは別に、家庭の冷蔵庫で保存中に表面にカビが生えることがあります。
カビが生えてしまうとチーズ本来の品質や風味が低下しますし、目に見えないカビの胞子が中まで入っていることもありますので、食べないでください。

関連情報
チーズにはどのような栄養があるのでしょうか?
ナチュラルチーズにはどのような種類があるでしょうか?
シュレッドチーズはカビが生えやすいチーズでしょうか?
  • Twitterでシェア

  • YouTubeチャンネル

    YouTube
カテゴリーから探す
乳と乳製品
乳の栄養と特徴
乳とからだの関係
乳を生活へ取り込む
乳の制度と活動
乳製品の歴史と社会
内容から探す
乳の種類から探す
牛乳
ヨーグルト・乳酸菌飲料
チーズ
クリーム
バター
練乳
スキム・育児用粉ミルク
アイスクリーム
その他
以前見たページ
よく見られているQ&A
牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか?
牛乳を飲むと太るって本当ですか?
バターとマーガリンはどのような違いがありますか?
ヨーグルトを冷凍してもよいのでしょうか?
牛乳を飲むと身長が高くなりますか?
こちらもオススメ

見やすいデータでご紹介

酪農と乳業について

コップ1杯の牛乳が、皆さまのもとに届くまで

最新の知見を共有する場

牛乳・乳製品から食と健康を考える会

もくじ一覧へ

乳業全体で、環境への取り組み

牛乳・乳製品からできること、

これからも一歩ずつ