平成26年度「HACCP導入型基準講習会」の募集期日延長について(2月16日迄)

HACCP導入型基準講習会を下記により実施しますので、受講を希望される会社(団体)は、申込書に記入の上、一般社団法人日本乳業協会 生産技術部までお申込下さい。

申込期日を平成27年2月16日(月)まで延長します。

受講募集を9日(月)に締め切りましたが、定員に若干の余裕があります。今年度が初めての取組みであることから、募集期間を延長することとしました。これまでHACCP導入の実績がない製造施設で新たに取り組む方が受講されますよう、優先いたしますので、再度ご検討願います。

【日程】

第1回目(東京会場):平成27年2月25日(水)
第2回目(東京会場):平成27年2月26日(木)
第3回目(神戸会場):平成27年3月4日(水)

【会場】

<東京会場>
東京都千代田区九段北1-14-19 乳業会館 3階B/C会議室
TEL:03-3261-9164

<神戸会場>
兵庫県神戸市中央区港島南町3-2-6
一般財団法人日本冷凍食品検査協会 関西事業所会議室
TEL:078-302-1030

【時間】

9時30分~17時00分

【定員】

第1回目~3回目  各回 30名

【受講料】

各回 一人あたり
乳協会員:5,000円(税込)
(正会員・都道府県協会の会員・賛助会員)
一般:8,000円(税込)

※申し込まれた受講生の方が不参加となっても、入金後の受講料の返金はいたしかねます。
その場合は、代理の方の氏名及び所属等について早急にご連絡下さい。
※会員及び一般の区分につきまして別紙申込書(区分)の箇所にチエックを入れて下さい。

【宿泊・交通費】

自己負担

【講習会内容】

<目的>
食品衛生法に基づき都道府県等が条例で定める「食品事業者が実施すべき管理運営基準」について、多くの自治体でHACCPに関する事項が盛り込まれて改正され、本年4月からの施行が予定されています。この改正を契機としてHACCP導入に積極的に取り組む、乳・乳製品製造に従事する経営者又は品質・製造責任者向けに、HACCP導入の基礎的知識の習得を目的とした「牛乳HACCP導入型基準講習会」を開催いたします。
当協会では、これまで総合衛生管理製造過程に基づいて乳処理業の従業者を対象とした専門家育成のための「牛乳HACCP講習会」を実施してまいりました。管理運営基準に関するガイドラインが改正され、HACCP導入型基準が新たに示されたことから、将来的には乳業者にとって必須のものになると思われます。これまでHACCP導入の実績がない製造施設で新たに取り組む方の受講を対象とした講習会を開催することといたしました。
講習会では、HACCP導入型基準の概要に関して、危害分析・重要管理点の設定・HACCPプラン・検証などについて牛乳工場の実態に合わせた内容で概説します。また、当協会で作成した標準的な牛乳工場のHACCPプラン(一般モデル)を教材として演習を行い、HACCP導入型基準に取組むための基礎的知識及び実務の習得を目指します。

<対象者>
過去に乳協等で実施されたHACCP専門家講習(3日間)を受講した経験のない方を参加対象とします。
なお、総合衛生管理製造過程承認制度の対象品目ではない製造施設及び過去にHACCP導入の実績がない製造施設で、条例改正を機会に取組む方の受講を優先いたします。

<講義>
HACCP導入型基準の概要、乳業工場における一般的衛生管理、及びHACCPの理解、検証・記録の方法

<演習等>
危害要因分析表、HACCPプランの作成、発表討議、修了試験

【申込方法】

東京会場申込用紙(PDF)神戸会場申込用紙(PDF)をダウンロードの上、必要事項をご記入いただき一般社団法人日本乳業協会・生産技術部宛にFAX(03-3261-9176)にてお申し込み下さい。

【申込期日】

平成27年2月16日(月)迄

※受講決定者には決定後、FAXにてご連絡致します。
別途、受講票と請求書を郵送致しますので、期限までにお振込みください。
ご入金を確認できました時点で、受講資格が確定となります。

【本講習会に関するお問い合わせ】

生産技術部
TEL:03-3261-9164

Get ADOBE READER※PDFファイルをご覧になるには、「Adobe Acrobat Reader」(無料)がインストールされている必要があります。こちらからダウンロードできます。