バターの安定供給について(報告)

一般社団法人日本乳業協会は平成26年11月27日付け「バターの安定供給について(依頼)」(26生畜第1317号牛乳乳製品課長通知)を受け、乳業3団体においてバターの安定供給に向けた対応を取り纏め、平成26年12月4日に農林水産省へ以下のとおり報告いたしました。

【報告内容】

バターの安定供給について(報告)

平成26年11月27日付け「バターの安定供給について(依頼)」(26生畜第1317号牛乳乳製品課長通知)に関しまして、乳業3団体においてバターの安定供給に向けた対応につきまして下記のようにとりまとめましたので報告します。

  • 12月における家庭用バターの安定供給
    (1)バター製造大手4社は、12月の家庭用バター供給量を11月に比べて33%増加(1,393t→1,846t)させる。
    (2)家庭用バターの供給を12月前半に集中させる。
  • 27年1月以降についてもバターの安定供給について最大限努力する。
  • 全国的に供給の過不足が生じないよう地域毎の出荷量についても配慮する。
  • 今回の対応を各団体のホームページにおいて情報提供するとともに、会員各社から消費者、小売業等に対する適時適確な情報提供に努める。