第13回「牛乳紙パックで『遊ぶ学ぶ』コンクール」入賞作品が決定

全国牛乳容器環境協議会、一般社団法人日本乳業協会が協賛する第13回「牛乳紙パックで『遊ぶ学ぶ』コンクール」(主催:「牛乳紙パックで『遊ぶ学ぶ』コンクール」実行委員会)の最終審査が11月21日(木)に東京で行われ、一次審査を通過した30作品の中から、和歌山県の秦まりなさん(6年)の作品「つまみ細工のかんざし」が、自らの十三参りの行事に着想し、伝統的なかんざし製法に牛乳パックの特性を上手に組み合わせた精緻な作品作りが高く評価され、最優秀賞に選ばれました。
その他、優秀賞2点、全国小中学校環境教育研究会賞、全国牛乳パックの再利用を考える連絡会賞、全国牛乳容器環境協議会賞、日本乳業協会賞各1点を決定しました。

同コンクールは、全国の小学生を対象に牛乳パックを素材とした工作作品を募集、顕彰することにより、地球環境やリサイクルへの関心を高め、資源の大切さについて学ぶ機会を提供することを目的としています。全国362の小学校と27人の保護者から、合計2,856点の作品が寄せられました。
審査委員長を務めた銭谷眞美氏(東京国立博物館長・元文部科学事務次官)は総評として、「今年は、子どもそれぞれの感性や学びを一つの形にして表現していることが伝わってくる作品が多く、とても難しい審査になりました。その中で、最優秀賞の作品は作りたいものを明確に捉え、作品の出来栄えもそうですが、作文に記された作品への思い、環境に対する考えは心を打つものでした。」と述べられました。

  • 最優秀賞「つまみ細工のかんざし」 和歌山県 和歌山市立三田小学校6年 秦まりなさん
    最優秀賞「つまみ細工のかんざし」
    和歌山県 和歌山市立三田小学校6年 秦まりなさん
  • 審議風景 2013年11月21日
    審議風景 2013年11月21日

【表彰式】

12月14日(土)14:00~15:00
「エコプロダクツ2013」(東京ビッグサイト)
全国牛乳容器環境協議会ブース(東2ホール-058)内
上位7賞の受賞者を表彰します。
「エコプロダクツ2013」会期内、同ブースに7作品を展示します。

【お問い合わせ先】

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-14-19 乳業会館
全国牛乳容器環境協議会
TEL.(03)3264-3903 FAX.(03)3261-9176

詳細は下記をご参照ください。
▼牛乳パックン探検隊HP
http://www.packun.jp/news.html