第69回 牛乳・乳製品から「食と健康を考える会」開催

「機能性物質による被ばく低減化―ラクトフェリンを中心にして―」

【日時】
平成24年2月13日(月)15:00 ~ 17:00
【会場】
乳業会館 3階 A会議室
【講師】
財団法人放射線影響協会 国際情報調査室部長 西村 義一
【内容】
第67回68回に続き、「放射性物質」に関連したテーマの3回目として、「機能性物質による被ばく低減化」に関し、多くの知見をお持ちの、財団法人放射線影響協会の西村義一様に、最新の研究情報も含めた現状をご講演いただいた。特に我々乳業者にとって大いに期待できる、機能性乳成分である「ラクトフェリン」の放射線防護効果についての知見および今後に関しご紹介いただいた。
  • 第69回 牛乳・乳製品から「食と健康を考える会」開催
  • 第69回 牛乳・乳製品から「食と健康を考える会」開催

1.放射能の発見とその障害

<放射能の発見>

1898年マリー・キュリーはベクレル線の研究を行っている過程で天然ウラン鉱石の中にウランよりも強い光線をもつ元素(ポロニウムとラジウム)を発見し、放射線と名づけた。また、写真を感光する能力を放射能と名づけた。

  • 放射能の発見
  • 放射能の発見
  • 放射能の発見
  • キュリー婦人の実験ノート(明星大図書館所蔵)
    キュリー婦人の実験ノート(明星大図書館所蔵)
  • イメージングプレートによりラジウム-226と壊変による放射性核種を検出
    イメージングプレートによりラジウム-226と壊変による放射性核種を検出
<当時の障害>

キュリー夫人の実験ノートからは、今でもラジウム226の汚染を確認することができる。この頃はまだ放射線の害が分かっておらず、飲食を通じてキュリー夫人もラジウムを摂り込み、白血病で亡くなっている。
また、ラジウムが蛍光を出すため、時計の文字盤にラジウムを貼り付ける作業に多くの女性達が従事していた。筆の穂先を舐めながらの作業であったため、骨癌とか骨肉腫で多くの方が亡くなっている。
放射線の発見以来、影響が分かるようになってきたのはそれほど昔のことではない。

<どこにでもある放射線>

人類は大昔から放射線を浴び続けている。生命の進化はある意味で放射線との闘いでもあった。当時は現在よりも放射線場の強いところで人類も恐竜も過ごしている。放射線の害は、放射線による水分解により起こる。人体の70%くらいが水分であるため、放射線が当たると水分が電離を起こし活性酸素が発生する。この活性酸素がDNAを傷つけて修復できなかった場合にいろいろな障害が出て来ることが分かってきた。

  • 人類は太古の昔から放射線を浴び続けている
    人類は太古の昔から放射線を浴び続けている
  • Newton 2008年10月号
    Newton 2008年10月号

また、我々は大地から、さらに色々な食品から既に放射線を受けて生活している。
世界平均で2.4mSv/年、日本は建物の構造、地質の影響によりやや低くなっている。世界ではイランのラムサール、ブラジルのガラパリ、インドのケララ、中国のヤンジャン等で生活している人々は、高線量場で生活しているが、放射線によるがん等が増えているということは疫学調査からは言えない。
ある程度の放射線を受けても回復する能力を進化の過程で身に付けているということが推測できる。

  • 高放射線地域の年間大地放射線量(UNSCEAR 2000)
    高放射線地域の年間大地放射線量(UNSCEAR 2000)

1 2 3 4