育児用粉ミルクの放射性物質検出について

先般、育児用粉ミルクから放射性セシウム(134及び137)が最大30.8ベクレル/kg検出されとの発表がありました。この値は食品衛生法による暫定規制値(200ベクレル/kg)に比べかなり低い値であり、この飲用による放射性物質は非常に少なく、健康への影響を心配する必要はないと考えられます。

日本産科婦人科学会も、この検出レベルの乳児用粉ミルクを飲用した場合の影響について、「たいへん微量であり、この粉ミルクから余分に受けた被曝に関して健康被害について心配する必要はない」との見解を発表しています。(詳しくは日本産科婦人科学会ホームページ東日本大震災にかかわるお知らせをご覧ください)

また食品安全委員会からも、この粉ミルクを摂取した場合の線量や、自然界の食品放射能、セシウムの対外排泄などについての情報が発表されています。(詳しくは食品安全委員会ホームページ放射性セシウムが検出された粉ミルクについて(PDF)をご覧ください)

粉ミルク販売各社は自社の製品についての検査を実施し、その結果に基づきホームページで見解を発表しておりますので、併せてご参照下さい。

■アイクレオ株式会社
http://www.icreo.co.jp/company/news-1.html
お客様相談室/TEL:0120-964-369

■株式会社 明治
http://www.meiji.co.jp/notice/2011/detail/20111206.html
お客様相談センター/TEL:0120-358-369

■ビーンスターク・スノー株式会社
http://www.beanstalksnow.co.jp/
お客様センター/TEL:0120-241-537

■森永乳業株式会社
http://www.morinagamilk.co.jp/corporate/release/2011/1207_365.html
お客さま相談室/TEL:0120-303-633

■雪印メグミルク株式会社
http://www.snowbaby.jp/
お客様センター/TEL:0120-301-369

■和光堂株式会社
http://www.wakodo.co.jp/info/20111209_info.html
お客様相談室/TEL:0120-88-9283