飲み終えた牛乳パックはリサイクルへ!

牛乳パックに使われている用紙は安全性や衛生面を考慮し、木材から最初に作り出されるバージンパルプが使用されています。木材の中心部分は、建材や家具などで使用されていて、牛乳パックに使う部分は残った部分や曲がった枝のところ。無駄が出ないように、利用されているのですね。
ですから、おいしく飲みおえた牛乳パックは、実は大切な資源なのです。捨てられてしまえばただのゴミですが、これらをリサイクルすることで、新しい資源に生まれ変わるのです。

家でも学校でも「洗って、開いて、乾かして」

牛乳パックの回収ルール

紙パックリサイクルできる「飲料用紙容器」はこのマークが目印です
・ジュースやウーロン茶などの紙パックでできている容器はどれでもOKです。
・内側にアルミニウムが貼ってあるLLタイプの牛乳パックは回収できません。

牛乳パックリサイクルの流れ

回収ボックスから集められた紙パック容器は、リサイクル工場などでトイレットペーパーやティッシュなどに生まれ変わります。

R回収した牛乳パックを原料としていることを示す全国統一のマークです。
いろいろな製品が生まれています。

牛乳パックリサイクルの流れ