第90回 牛乳・乳製品から食と健康を考える会 開催

「食物アレルギーの基礎知識」

【日時】
平成29年8月28日(月)15:00~17:00
【会場】
乳業会館3階A会議室
【講師】
国立病院機構相模原病院臨床研究センター
副センター長 海老澤元宏
国立病院機構相模原病院臨床研究センター 副センター長 海老澤元宏
【出席者】
「牛乳・乳製品から食と健康を考える会」委員
消費生活アドバイザー 碧海 酉葵
食卓プロデューサー 荒牧 麻子
毎日新聞記者 今井 文恵
ジャーナリスト 岩田 三代
消費生活コンサルタント 神田 敏子
評論家・ジャーナリスト 木元 教子
作家・エッセイスト 神津 カンナ
ジャーナリスト 東嶋 和子
産経新聞文化部記者 平沢 裕子
(50音順)
乳業メーカー:広報担当
乳業協会:田村専務理事、本郷常務理事他
専門紙記者
出席者出席者
【内容】
今回は、委員の皆様からご要望のあった「食物・乳アレルギー」について、長年、小児アレルギー疾患、特に食物アレルギーの医療と研究に従事されてこられた第一人者であり、著書も多数ある海老澤先生に、乳幼児期にみられる食物アレルギーは何故起こり、どの様な治療を行い、日頃の食生活では、何に注意すべきか、また「経口免疫療法」という研究で「食べさせないこと」から「できるだけ食べさせること」へ食事管理の重点や治療が変化していることなど、興味深いご講演をお願いした。
【要旨】
アレルギー反応は異物を撃退しようとする人体の免疫反応のひとつで、花粉や食物は人体に有害ではないが、過剰に防御反応すると体内に原因物質となる「IgE抗体」を作り、これに花粉や食物の成分である特定の蛋白質が付くことで、ヒスタミンなどの物質が出て、じんましんや呼吸障害などのアレルギー症状を発生する。重篤化しアナフィラキシーショックにより死亡することもある。消化・吸収機能が未成熟な乳幼児の発症率が高い。原因物質の食物は、鶏卵・牛乳・小麦・ピーナッツの順となっており、「誤食を回避するアレルギー表示」が重要である。保育園・幼稚園や学校などでは、学校給食における食物アレルギーに対して配慮や注意が払われている。また原因物質の摂取だけでなく、日々の体調や運動による疲労により症状悪化する場合がある。アレルギーの対応として、原因物質と発症する量を確認する「食物経口負荷試験」や、少量ずつアレルギー反応を起こす食物を摂取して免疫を作る「経口免疫療法」(現時点では一般診療扱いではなく、研究段階)などがある。避けすぎることで食物アレルギーのリスクや治り難さにつながるため、摂取できるものは少しでもよいから摂っていくという方向での取り組みが一般的になってきている。

最近食物アレルギーが非常に増え、社会問題となっている。石坂公成先生が1966年にアメリカでIgE抗体を発見し、それからアレルギーの解明が進んだ。さらにIgE抗体が皮膚とか粘膜に存在するマスト細胞に付くことを発見した。IgE抗体は人の体の中で作られ、IgE抗体が卵のタンパク質や、牛乳のタンパク質に対して作用することによって食物アレルギーは起こる。
食物アレルギーは1960年位にはほとんどなかったが、2000年以降相当増えている。
多分1980年代位から日本でも食物アレルギーが増え、この30年の間に一気に増えている。
世界アレルギー機構(WAO)という学会が作られたのが1952年で、第二次世界大戦後に先進国の中でアレルギーが問題になった。最初に問題になったのは、気管支喘息である。次に問題になったのは、アレルギー性鼻炎や結膜炎、花粉症、アトピー性皮膚炎である。アレルギーの一番強烈な反応をアナフィラキシーと言い、食物で最も多く起こる。あとは薬とか蜂毒とか、最近のヒアリでも増えていると言われている。

アレルギーのしくみ

IgE抗体と原因物質のアレルゲンが結び付くと、体にあるマスト細胞からヒスタミンやロイコトリエンが出て、じんましんを起こし皮膚がかゆくなったり、鼻水が出たりする。
アレルギーを起こすには条件があり、IgE抗体を人が体の中に作るかどうかということが第一である。次の条件としては、原因物質が体の中に入ってきて、IgE抗体と巡り会って、この細胞が活性化するかどうかということである。結膜炎の場合、アレルギー性の結膜炎や鼻炎というのは、原因物質が目や鼻に直接入ってくることによりかゆみが生じる。食物の場合には口から入って、消化・吸収されて入ってくるので、普通のアレルギーよりも若干複雑な経過をたどる。
IgE抗体というのは、昔は問題にはならなかった。そもそもは寄生虫とか、ダニとかを体から排除するシステムだったと考えられている。第二次世界大戦後に寄生虫がいなくなり、身のまわりのダニやばい菌と体が戦わなくなってからアレルギーが増えてきた。免疫という本当は体を守ってくれる働きが、逆に悪く作用して自己免疫性疾患という病気が生じる場合もある。例えば、女性に多いSLE(全身性エリテマトーデス)とか、リウマチとかも、元々は体を守るものが、自分の体に対して免疫反応を起こすことで、自己免疫性疾患になる。本来有害ではない花粉や食物に反応して、体にとって不都合なことを起こす。これをアレルギーと言う。

皮膚テスト(プリックテスト)

一番簡単にアレルギー反応を診ることができるのは、皮膚テストである。原因物質に対するIgE抗体を持っているかどうかを調べるために、例えば卵、ほこりや花粉のエキスを皮膚に垂らして、針で少しだけ皮膚を傷つけると、原因物質が体の中に入ってきて、IgE抗体と原因物質が結び付いて、蚊に食われたような反応が15分から30分ぐらいで起きてくる。これがIgE抗体を持っているということを調べる一つの方法である。

小児アレルギー疾患の有症率の推移

食物アレルギーは子どもに圧倒的に多く、今、日本では卵アレルギーは10人に1人ぐらいの赤ちゃんが持っていると考えられている。牛乳アレルギーは卵の半分より少ない。100人の赤ちゃんがいたら4人ぐらいである。
乳児が一番多く、小学校に入るまでの保育園のお子さんを対象にすると、大体5%ぐらいである。次に、学童で小学校以上の方では2.6%、1学級が40人だとすると、クラスに1人ぐらい食物アレルギーの学童がいるという2004年の調査がある。成人に関しては調査が十分でないが、多分1~2%と考えられる。

1 2 3 4 5 6