第88回 牛乳・乳製品から食と健康を考える会 開催

「食料クライシスの引き金、それは畜産物の激減」

【日時】
平成29年2月6日(月) 15:00~17:00
【会場】
乳業会館3階 A会議室
【講師】
東京大学名誉教授 酒井 仙吉
東京大学名誉教授 酒井 仙吉
【出席者】
「牛乳・乳製品から食と健康を考える会」委員
消費生活アドバイザー 碧海 酉葵
食卓プロデューサー 荒牧 麻子
毎日新聞 記者 今井 文恵
ジャーナリスト 岩田 三代
江上料理学院 院長 江上 栄子
消費生活コンサルタント 神田 敏子
評論家・ジャーナリスト 木元 教子
元日本大学教授 菅原 牧子
ジャーナリスト 東嶋 和子
産経新聞 文化部記者 平沢 裕子
(50音順)
乳業メーカー:広報担当
乳業協会:田村専務理事、本郷常務理事他
専門紙記者
出席者出席者
【内容】
今回は、委員の皆様からご要望のあった、輸入配合飼料多給で生産を維持する今日の酪農のあり方に警鐘を鳴らし、食生活を支える基盤が抱える問題を示すべく、これまで獣医学分野で教育と研究に従事された東京大学名誉教授酒井仙吉様に「食料クライシスの引き金、それは畜産物の激減」と題して、専門分野の動物育種繁殖学の立場からご講演をお願いした。
【要旨】
日本人は食生活が改善され長身化したが、中でも畜産物の消費増加が大きく影響した。戦後まで、日本人の食生活はカロリーのほとんどを米から摂取していたが、タンパク質を適切に摂取可能になったことが体格改善につながった。一方、新しい食生活を支える日本の畜産の状況も一変した。酪農は乳量・乳質ともに飛躍的に向上したが、高生産を維持するためには輸入配合飼料に依存せざるを得ない状態にある。結果的に穀物の自給率が大幅に低下したほか、飼料コスト増加や乳房炎の発生増加、乳牛の平均出産回数の減少、廃用の早期化など酪農経営にも影響を与えている。「酪農を楽農へ」を目指し、1)放牧と搾乳ロボットによる省力化、2)休耕田を活用した国産飼料生産者との協力、3)山地酪農などの放牧に適した病気に強い乳牛づくりなど、「酪農の構造改革」を提唱する。

ご紹介にあずかりました酒井でございます。どれほど役に立つかは見当の付かないところもありますが、日頃考えていることを皆さんにお示しをして、批判を受けることによってより良く私の考えも作っていきたいと考えております。
今回、このような内容でお話するには実は伏線がありました。私が最初に居た部屋は、家畜育種学という研究室でした。つまり、家畜と言っても早く言えば乳牛の育種をするという研究室で、私の先輩も後輩も乳牛の改良にたくさん携わっております。最初は先輩から日本の牛はこんなにすばらしくなったということを受けまして、私も授業中、学生に日本の乳牛の能力というのはこんなに改良されたのだよと、しばらく言っておりました。ところが、年をとってきますと、本当にそうかなということがだんだん頭の中に芽生えまして、少し違うのではないかと。本当に日本に合った畜産というのはどうなのだろうかということに思いが至りまして、それからこのような勉強を始めました。
定年間近になってそれを授業で言うと、今十分なのだからよいではないかという学生がとても多く、やはり多くの賛同者を得なければ駄目だということで、定年退官する時に私はもう再就職しないで、ものを書くことにいたしました。その一端をこれからご披露いたします。
農林水産省は、日本の食料自給率は39%で61%は海外依存だと言います。だから、食料というのは危険領域を超えているのだとよく言うわけで、新聞もみんなそう書いているわけです。ところがよく見ますと、そんなことはないのです。例えば家畜、牛・豚・鶏は毎日餌を食べています。それで、その餌のストックはほとんどありません。日本は食料安全保障ということで、早く言えばアメリカに契約した分、あるいは、ニューオリンズにストックした分、貨物船で輸送した分、飼料会社がストックしている分、これ全部備蓄としております。ところが考えてみれば、船の運行が止まったら何もなくなるわけです。おそらく日本の備蓄というのはひと月もたないはずです。さっきお話をしましたが、食料自給率39%ですが、カロリーに占める畜産物の割合というのはすごく高く、最初に打撃を受けるのは、実は畜産物生産なのです。食料クライシスは、まず畜産物の減少から始まる。そういうことで今日お話をいたします。
皆さん意外にご存じのないことを、これから数枚のスライドでお話をいたします。日本人はかつて身長が低い、胴長短足である、そういうことを言われていたのです。これが日本人の特徴だと。それが昭和50年ぐらいからガラッと変わっていくのです。実は昭和30年を過ぎてから変わっていたのですが、それは実は食料が足りないからそうなっただけで、決して日本人としての特徴ではなかったのです。これから数枚のスライドでお示しします。

身長が語る食の激変

そこで一番大きな変化とは何かというと、身長で、これは正確に食の変化を表しているのです。本当によく分かります。それで昭和30年頃の時期を見ますと、ご飯と一汁一菜というのが日本人の食の基本でした。実は江戸時代から日本人の身長が分かっていますが、昭和30年ぐらいまでほとんど変わっていないのです。数センチ背が高くなっただけで、大体157cmぐらいで、ほとんど江戸時代と変わっていないのです。それはなぜか。食事が変わらなかったからなのです。日本は外国から食料を輸入するということはほとんどありませんでした。もちろん米・大豆は多少輸入しましたけれども、それ以外のものは全く輸入しておりません。ですから変わりようがないわけです。江戸時代の身長と、昭和30年ぐらいまでの身長というのは変わらなくて当然なのです。ですから、先ほど言ったようなことが起こるわけです。

身長の推移、小学校入学以降

ところが急速に畜産物を取り入れた食事に変わってまいります。これが時代の背景です。ですから、キーポイントというのは昭和30年以降と以前です。この二つが一つの大きな区分になっていることを、実は身長が非常にクリアに示しております。後で出てきますが、身長は伸びたと言いましたが、脚が長くなったのです。だから昔の人は、脚が短かったのですね。残念ながらそうだったのです。
小学校入学以降どう身長が伸びたかというと、一つは平成14年から25年、二つ目が昭和23年から34年となっています。一見して分かることは平成年代に小学校の生活をした人というのは、男子も女子も全部背が高いのです。もう明らかな違いなのです。一つひとつ細かい特徴を見ていきますと、小学校1年生でもう大体8cmぐらい違うのです。身体測定というのは入学早々の事業ですから、6歳で既にこれだけの差が付いているわけです。
次に気が付くことは、実は昭和3年から14年なのです。これは戦前と考えてください。平成・戦後・戦前・明治時代と考えますと、明治時代は確かに少し身長が低いのですが、こんな差はありません。ほとんど同じように伸びております。これが2番目の特徴です。ですから、さっき食事は変わらないと言いましたが、これが明瞭に示しております。
もう一つ気を付けたいことは、図の赤丸のところは何かというと、身長が止まった時のことを示しているわけです。不思議なことに、ここにも男女差は全然ありません。小学校1年生もありません。小学校6年も身長は男女同じなのですが、それからぐんと差が開いてきます。男子は中学3年生から高校1年生ぐらいでほぼ身長が止まります。女子はというと、中学2年生で大体身長は止まってしまうのです。だから2年ぐらい早く止まるのですね。これは何かというと、実は卵巣が活躍する、精巣が活躍するというのは、女子ではこのあたり。小学校6年生。男子では1年か2年遅れてこのあたりなのです。それで卵巣が活動し始めますと、身長は止まってしまうのです。ところが男子は、小学校6年まで同じなのですが、精巣の働きというのは2年ぐらい遅れてスタートしますから、その後に十分伸びることができるわけです。ここで初めて男女差が出てくるのです。ということがこれから分かります。
もう一つ言えることは、この白い四角と黒丸が戦後生まれ。白丸が戦前なのですが、高校時代にどんどん伸びています。ここに昭和34年と書いてありますが、実は昭和30年代から栄養状態が劇的に変わっているのです。ですから、戦前・戦後生まれで変わらないのですが、ここにあります昭和30年を過ぎますと、途端に身長が伸び始めます。これはさっきお話をしたように、実は脚の長さが長くなったのではなくて、座高が高くなったのですね。

1 2 3 4 5 6