第85回 牛乳・乳製品から食と健康を考える会 開催

「人類を支えてきたミルク ~ミルク利用の発達史と現代日本における立ち位置~」

【日時】
平成28年2月10日(水)15:00~17:00
【会場】
乳業会館3階 A会議室
【講師】
帯広畜産大学地域環境学研究部門准教授 平田 昌弘
平田 昌弘 氏
【出席者】
「牛乳・乳製品から食と健康を考える会」委員
消費生活アドバイザー 碧海 酉葵
管理栄養士 荒牧 麻子
毎日新聞記者 今井 文恵
ジャーナリスト・実践女子大講師 岩田 三代
江上料理学園 院長 江上 栄子
消費生活コンサルタント 神田 敏子
評論家・ジャーナリスト 木元 教子
作家・エッセイスト 神津カンナ
科学ジャーナリスト 東嶋 和子
産経新聞 文化部記者 平沢 裕子
(50音順)
乳業メーカー:広報担当
乳業協会:白川専務理事、石原常務理事他
専門紙記者
【内容】
今回は、委員の皆様からご要望のあった「世界及び日本におけるミルク利用の発達史」に関して、ユーラシア大陸乾燥地帯の牧畜民を追いかけ、特に乳文化について体系的に調査研究を行っていらっしゃる帯広畜産大学准教授平田昌弘様に「人類を支えてきたミルク~ミルク利用の発達史と現代日本における立ち位置~」と題してご講演をお願いした。
【前段】

ミルクの持つ文化的側面はとても大切なことです。国際化の時代で海外の産物が多く輸入されてくる中、日本で生産されるミルクの価値を認めることは地場の産業を支援することにもなります。また、価格競争ではない、ある意味では文化、価値の問題に繋がってくるものだと思います。文化は国際化時代だからこそ重要だと思います。それ以上にミルクと言うものは楽しいというか、人々を幸せにする、そんな力を持っているものだと思います。

© 2016 Masahiro Hirata

ミルクは人々の生活を1万年支えて来ました。その利用はどこで始まって、どのように人類史に貢献してきたのかを述べます。
この写真はミルクを介して母親、子供が乳製品を囲んでつながっている文化的側面のものです。ミルクは人々をつなげながら支えてきた訳です。

1.搾乳の起源と意義

「乳文化の起源・伝播」「乳利用の意義と利点」
  • © 2016 Masahiro Hirata
  • © 2016 Masahiro Hirata

このテーマの舞台は西アジアです。赤茶けた乾燥した地帯で家畜を飼い始めます。乾燥地帯のイメージをこの写真からお持ち下さい。このような地域は草も少なく一日の気温の寒暖が激しく環境的には厳しいのです。そこで動物を飼い、ミルクを利用して命をつないできたのです。この写真で分かることはイヌがいます。このイヌは主にオオカミやヒツジから飼育動物を守る役目を果たしており、牧羊犬としているわけではありません。また、飼い主の持つ銃も肉食獣から飼育動物を守るためです。この地域ではウシではなくヒツジやヤギを飼育しています。乾燥地帯ではウシは必ずしも適応しません。ヒツジ、ヤギの中型動物のほうが乾燥に強いのです。
上記右はヒツジの群れです。ヒツジは先頭に居るヒツジに追従する性質があり社会性があると言えます。それだからこそ、群れで飼育することができるのです。だからこそ多頭数を使用する家畜に適している訳です。先頭のヒツジは去勢された牡です。この去勢ヒツジを管理すれば、群れ全体を管理できるのです。牡はこの環境では多くの頭数は必要ありません。種牡を少ない頭数飼えば良いのです。家畜の行動特性を十分に生かして必要なミルクを搾っています。
この写真ではもう一つ分かることがあります。大麦を収穫した残渣を食糧にさせていることです。つまり、ミルクを利用する意義・利点は人間が利用できない草とか農業残渣を利用して家畜を肥育させ肉やミルクを利用することです。
現代の酪農は配合飼料で飼育しミルクを多く搾るやり方で、効率至上主義的な面があります。このことは、このまま継続することは考えづらくもう一度問われる時期が来るのではないでしょうか。人間が本来利用できない野草や農業残渣を上手に現代酪農に組みこんだ生産方式を考えてみたらどうかと言うことです。つまり、濃厚飼料だけでなく、粗飼料を使ったり放牧酪農を見つめなおす必要があるのではないでしょうか。

  • © 2016 Masahiro Hirata
  • © 2016 Masahiro Hirata

搾乳とは何かと言いますと、家畜を殺すのではなく生かしながら食糧生産をすることです。殺してしまって肉にしてしまうとミルクは利用できません。この写真でも分かることがあります。家畜が同じ方向を向いていますし、牧柵も何も無いところで飼われています。これも追従性を利用し家畜の行動性を十分理解し搾乳を実現しているわけです。このように、羊のような中型の家畜のおとなしく従順な性質を利用することは人間にとっても労力の負担を軽くすることにもなっています。
西アジアの遊牧民は、ミルクからできるバターオイル、チーズ、ヨーグルト等の乳製品を多く利用しています。勿論、肉も食べますが所謂「晴れの日」にしか食しません。日常は食べません。搾乳というのは家畜との共生なのです。つまり、ミルクや乳製品というものは家畜と人類の共生であるともいえます。
約1万年前に家畜を殺して肉をとることから、家畜を生かしてミルクを使うという食糧生産を始めて行うようになりました。全く視点が違う食糧生産になりました。これは一大転換点だといえます。家畜から常に食糧としてのミルクを得られる共生が始まりました。

1 2 3 4 5 6 7