第76回 牛乳・乳製品から食と健康を考える会 開催

「乳製品の国際需給の動向について」

【日時】
平成25年11月18日(月)15:00 ~ 17:00
【会場】
乳業会館 3階 A会議室
【講師】
元 独立行政法人農畜産業振興機構 畜産需給部長 野村 俊夫
野村 俊夫
【出席者】
「牛乳・乳製品から食と健康を考える会」委員
消費生活アドバイザー 碧海 酉癸
管理栄養士 荒牧 麻子
毎日新聞社 記者 今井 文恵
消費生活コンサルタント 神田 敏子
評論家・ジャーナリスト 木元 教子
作家・エッセイスト 神津 カンナ
日本大学芸術学部特任教授 菅原 牧子
科学ジャーナリスト 東嶋 和子
産経新聞社 文化部記者 平沢 裕子
(50音順)
乳業メーカー:広報担当者
乳業協会:小板橋専務 他
【内容】
猛暑の夏が過ぎ、過し易い季節となったものの、酪農・乳業界を取り巻く環境は、乳牛の夏バテによる乳量低下、穀物相場の高止まりと円安の進行による飼料価格の高騰等の影響による乳価の引き上げおよび牛乳価格への転嫁による小売価格引き上げ、これに関連しての今後の小売価格の維持、さらに消費への影響等多くの厳しい環境変化の中にある。さらに、TPP交渉の進捗・動向に対しても、予断を許さない状況が続いている。
このような状況の中、日本の酪農事情のみならず、海外の酪農事情を理解・把握し、激動の時期を迎えている日本の酪農乳業の今後の方向性に関し議論することは重要であると考える。前回の「考える会」においては、「日本の酪農事情」をテーマに講演を頂き、意見交換を行っていただいたところである。
そこで今回は、元 独立行政法人農畜産業振興機構 畜産需給部長 野村俊夫様に、意外と知られていない、TPP会議参加国の酪農事情の現状に関して、「乳製品の国際需給の動向について」をテーマに、ご講演をいただき、EU、アメリカ、オセアニアを中心とした海外の酪農事情を把握し、TPPへの対応とその後について考察したいと考える。

1. はじめに

TPPに関しては色々な意見をいわれる方がたくさんおられますが、現実に外の世界がどのようになっているかを踏まえないと、落ち着いた議論がなかなかできないということをときどき感じることから、今回は、各分野でオピニオンリーダーをされている皆様に、酪農乳業、乳製品に特化して世界を見てみたいということで紹介させていただきます。

2. 主要国の生乳生産量

下記グラフは、主要国の生乳生産量を多い国から並べている。EUはご存知のように一つの国ではなく、2013年7月にクロアチアが参加して28カ国になっており、その28カ国の合計である。1億4千万トン弱ということで、圧倒的な生乳生産量を誇っている。続いて米国、インドとなっている。インドは統計が取れない部分が多々あり、またインドには相当な数の水牛がいるが、この統計には水牛の乳が含まれていない。水牛の乳を足した場合は、1億2千万トン位になるといわれており、単独の国では米国を抜いて世界1位と言われている。ただ統計がないため、証明の手立てはなく、推計になる。続いて中国がきているが、中国はほんの10年くらい前までは、このような表の中には出てこなかったが、近年は急激に生乳生産が増えてきている。国家的事業として増やしており、間もなく4千万トンに達するのではないかといわれている。日本は約750万トンとなっている。
グラフの中で赤い字で示した国があるが、乳製品の輸出は、ほぼこの4つの地域に限られている。従って、将来的に日本がTPP等で関税を撤廃して輸入ということになった場合、現状ではほとんどがこの4つの地域からしか入ってこないと考えてもいいといえる。

主要国の生乳生産量(2012年)

3. 生乳の特徴

視点を変えて、搾乳された生乳に関し、取扱い上どのような特徴があるかを説明する。
生乳は、乳牛から毎日朝晩、酪農家の方が搾って出荷されるわけであるが、これは穀物や野菜とは異なって、蛇口を閉めればストップするものではない。必ず毎日液体の形で生乳出荷されるもので、なおかつ腐り易いために、直ちに適切な殺菌処理をしなければならないという、ある意味農産物の中でも特殊な部類に入るものだということを認識する必要がある。
このような特殊なものであるため、世界では、先程の統計で示した国以上に多くの国で生乳が生産されているものの、統計的にカウントされている数字は、先進国を中心とした適切な設備で殺菌処理されているもので、実際の約60%と言われている。その理由は、生乳の冷蔵輸送設備や適切な殺菌処理の施設が整っていない多くの国や地域、メインにはインドを筆頭とする途上国では、その地域で搾った牛乳をバケツ等に入れ、煮沸などの簡易殺菌を行い、そのまま飲用にする、あるいは発酵させてヨーグルトのような形にするということで、液状のままで消費されているのが相当部分あるからである。この部分はその地域の外に流通することはない。従って統計には出てこない部分である。たとえ生乳処理が、輸送されて殺菌されて適切に行われたとしても、フレッシュな液状乳製品、例えば牛乳やヨーグルト、そのような状態のままでは長距離の輸送には適さない。従って外国への遠距離輸送は全く難しいといえる。粉乳やチーズ、バター等の運び易い形、保存し易い形にまた加工が必要になってくる。
<生乳の特徴>
・生乳は、穀物や野菜等と異なり、毎日生産出荷され、かつ直ちに適切な殺菌処理をしなければならないという、特殊な農産物
・世界で生産される生乳のうち、適切な施設で殺菌処理されているのは先進国を中心に約60%(推計)
・生乳の冷蔵輸送設備や適切な殺菌処理施設が整っていない多くの国や地域では、煮沸等の簡易殺菌を行うだけで消費されている(流通しない)
・たとえ生乳の殺菌処理が適切に行われたとしても、フレッシュな液状製品のままでは輸出等の遠距離輸送には適さない(粉乳、チーズ、バター等への加工が必要)

世界地図

1 2 3 4 5 6 7 8