アイスクリーム類の栄養

きほん知識

アイスクリーム類の栄養は。また、種類によって違いがありますか。

アイスクリーム類はおいしいだけでなく、栄養も優れています。
乳を主原料としているので、たんぱく質、乳脂肪、カルシウム、ビタミン類などが含まれ、栄養補給や子供の成長に役立ちます。

【たんぱく質】

消化のよい良質たんぱく質が含まれています。筋肉や血液を作るもとになります。

【脂質】

乳脂肪は、脂質のなかでも消化吸収が優れています。

【炭水化物】

乳成分に含まれる乳糖は、鉄やカルシウムの吸収を促進します。

【カルシウム】

日本人が不足しがちなカルシウムが豊富に含まれています。

【ビタミン】

成長期に欠かせないビタミンA、ビタミンB2 の供給源となります。

【種類による栄養の違い】

種類や含まれる原料によって栄養は異なります。
・アイスクリーム
乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分 8.0%%以上
・アイスミルク
乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分 3.0%%以上
・ラクトアイス
乳固形分3.0%以上

アイスクリーム類は「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」により上のように成分規格が定められています。乳固形分から乳脂肪分を除いたものを無脂乳固形分といい、たんぱく質、炭水化物、ミネラル、ビタミン類などのことです。製品には必ず、無脂乳固形分と乳脂肪分、乳脂肪分以外の脂肪分の%が表示してあります。

検索結果に戻る