アイスクリーム類の種類

きほん知識

アイスクリームとアイスミルクは違うのですか。

同じアイスクリームのように見えても、乳成分の量によってアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの3種類に分けられます。
アイスクリーム類は「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(略して乳等省令)によって、「乳又はこれらを原料として製造した食品を加工し、又は主要原料としたものを凍結させたものであって、乳固形分3.0%以上を含むもの(発酵乳を除く)をいう」と定義されています。

アイスクリーム類の成分規格

【アイスクリーム】

乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれているので、風味がよく栄養的にも優れています。

【アイスミルク】

乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないですが、牛乳と同じくらいの栄養を含みます。植物性脂肪が配合されていることもあります。

【ラクトアイス】

乳固形分はさらに少なく、植物性脂肪が多く使われています。

一方、乳固形分3.0%未満のものは、アイスクリーム類ではなく、食品衛生法にもとづく「食品、添加物等の規格基準」により、氷菓として規定されています。果汁などを凍らせたアイスキャンディーやシャーベットなどは氷菓で、アイスクリーム類とは別に扱われます。

また、消費者に商品を選択しやすくし、公正な競争を確保するために、「アイスクリーム類及び氷菓の表示に関する公正競争規約」が消費者庁と公正取引委員会の認定をうけ業界の自主規約として定められています。アイスクリームには乳脂肪以外の食用油脂を添加してはならないこと、ラクトアイスまたは氷菓に「ミルク」もしくは「MILK」などという商品名(例えばミルクセーキ、氷ミルクなど)を使用してはならないことなどが、定められています。

検索結果に戻る