乳児用調製粉乳

きほん知識

最近の育児用粉ミルクは母乳に近づいてきたといわれますが、その成分は。

乳児にとって、母乳が理想の栄養であることはいうまでもありません。しかし、何らかの理由で母乳を与えられない場合には、母乳の代替品として乳児用調製粉乳を与えることになります。乳児用調製粉乳は、原料の牛乳の組成を母乳に近づけるために、栄養成分を置換、強化、過剰なものを減らすなど、改善してあります。

【牛乳、母乳、乳児用調製粉乳の比較】

乳児用調製粉乳の原料である牛乳と、母乳の成分を比較すると、炭水化物、ビタミンA、ナイアシン、ビタミンCは母乳に多く含まれます。

牛乳、母乳、乳児用調製粉乳の比較

【乳児用調製粉乳の成分の特徴】

【たんぱく質】

牛乳ではカゼインが約80%、乳清たんぱく質が約20%ですが、調製粉乳はカゼイン40%、乳清たんぱく質60%と母乳と同じ割合にし、アミノ酸の組成も母乳に近づけています。

【炭水化物】

牛乳、母乳とも乳糖が大部分を占めます。調製粉乳には乳糖を添加して母乳に近づけています。また、母乳にはわずかですがオリゴ糖も含まれているので、オリゴ糖も加えています。

【脂質】

牛乳、母乳とも量はほぼ同じですが、脂肪酸の組成が異なります。調製粉乳は牛乳の脂肪を一部植物性脂肪に置換し、リノール酸など必須脂肪酸のバランスを母乳に近づけています。

【ミネラル】

牛乳には母乳の3倍以上のミネラルがあり、カルシウム、リン、ナトリウム、カリウムが多く含まれています。ミネラル分が多いと、腎機能の未熟な乳児には負担が大きいので調製粉乳はこれらを低減し、カルシウムとリンの割合も母乳とほぼ同じ比率にしています。

【ビタミン】

ビタミン類を強化しています。母乳栄養児に多いビタミンK欠乏性出血症を防ぐためにビタミンKを強化しています。

【特別用途食品「乳児用調製粉乳」】

乳幼児用調製粉乳は、食品の中でも最も安全なものでなければなりません。「健康増進法」により、特別用途食品の「乳児用調製粉乳」に分類され“乳児の発育に及ぼす影響が大きく、特に適正な使用が必要である”という食品として、消費者庁の許可マークがついています。

消費者庁許可区分

この「乳児用調製粉乳」の表示が許可されるには、エネルギー、たんぱく質など、20項目の成分組成の基準に適合しなければなりません。申請の手続きも他の食品に比べて、特に厳しくなっています。国内の「乳児用調製粉乳」は、(株)明治、森永乳業(株)、雪印ビーンスターク(株)、和光堂(株)、アイクレオ(株)、雪印メグミルク(株)の6社が販売(5社が製造)しています。

各社の調製粉乳は、全授乳期を通して同一濃度(12~14%)による単一調乳方式といわれるもので、スプーン1杯の粉乳を20mlに溶かして利用するように成分が調製されています。月齢に関係なくミルクの濃さは一定で、1回に飲む量は月齢に応じて増えていきます。
1~2か月約140ml
3~4か月約200ml
5~6か月約220~240ml

検索結果に戻る