人工栄養(育児用粉ミルク)の歴史

きほん知識

母乳に代わる育児用粉ミルクには、どのような歴史がありますか。

乳児にとって、母乳が最良であることはいうまでもありません。特に初乳には免疫物質が多く含まれているので、ぜひ飲ませたいものです。しかし母乳の分泌量が少なかったり、その他の理由で母乳を与えることができない人もいます。そのような場合に、人工栄養として「調製粉乳」いわゆる育児用粉ミルクが利用されます。
江戸時代までは、上層階級では乳母をつける風習がありましたが、一般庶民では、母乳が不足した場合は、もらい乳をしたり、穀粉などを煮溶かした代用乳を与えていました。

【練乳時代】

明治に入ってからは、牛乳が利用されたり、加糖練乳も使われるようになりました。加糖練乳は明治4年頃製造され、牛乳よりも保存性が高く貯蔵に便利なため、薄めて利用されていました。しかし当時の人工栄養は、衛生面や希釈をめぐる問題もあり、乳児の死亡率も高かったようです。

【初期の粉乳時代】

大正4年頃から、乳児の栄養代謝についての研究が始められ、大正6年、我が国初の育児用粉ミルク「キノミール」が和光堂より発売されました。キノミールは全脂粉乳をベースに滋養糖を添加したものでした。その後、オシドリコナミルク(日本製乳)、森永ドライミルク(森永乳業)、ラクトーゲン(輸入品)、パトローゲン(明治乳業)などが発売されましたが、当時は人工栄養の知識も乏しく、価格も高かったので、広く普及するには至りませんでした。

【調製粉乳の誕生】

昭和15年になると戦時色が強まり、牛乳・乳製品についても配給統制規則が制定され、育児用乳製品も配給制になり、その約70%は加糖練乳でした。しかし小児科学会から「加糖練乳は砂糖が多すぎて育児には好ましくない」との指摘を受け、粉乳の検討がすすめられました。
昭和16年「牛乳営業取締規則」の改正が行なわれ、育児用粉ミルクは「調製粉乳」として、初めて規格が定められました。

【調製粉乳時代】

昭和25年には、母子愛育会が小児保健部会案として乳児の「人工栄養の方式」を発表し、これはその後の人工栄養の基本となりました。昭和26年には「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(略して乳等省令)が公布され、厚生大臣(現厚生労働大臣)の許可を得て、「調製粉乳」に乳幼児に必要な栄養素を添加することが認められました。これによりビタミ ンを強化したり、牛乳たんぱく質の消化をよくした(ソフトカード化)製品が発売されました。この時期の調製粉乳は、全脂粉乳70%に、砂糖などを添加したものでした。

【特殊調製粉乳時代】

日本の経済が急速に回復する中で、正しい栄養摂取のあり方、母乳成分の研究、新しい技術の導入などで、育児用粉ミルクはさらに母乳に近いものとなりました。「調製粉乳」に加えて昭和34年、乳等省令で「特殊調製粉乳」の規格が制定されました。これまでは牛乳に不足する成分を添加していましたが、この頃になると母乳の研究も進み、より母乳に近づけるため、牛乳の成分そのものの置換が認められるようになりました。牛乳に多いカゼイン(たんぱく質)を少なくして乳清たんぱく質を多くする、脂肪酸組成を変えるため牛乳の脂肪を一部植物性脂肪に換える、さらに、ミネラルバランスの改善などが次々と行なわれました。昭和30年代の終わり頃には、各社の製品はすべて特殊調製粉乳になり、昭和50年以降は、砂糖の添加もなくなりました。
調乳方法は月齢によって濃度を変えていましたが、昭和41年、月齢にかかわらず全授乳期を通じて一定の標準濃度で調乳できる、単一調乳方式が取り入れられるようになりました。現在の各社の標準濃度は13~14%です。
昭和30年には未熟児用ミルク(低出生体重児用調製粉乳)が発売になりました。昭和50年には、離乳後期以降に飲ませるフォローアップミルクが発売になりました。

【新調製粉乳時代】

昭和54年、乳等省令が改正され従来の「調製粉乳」と「特殊調製粉乳」がひとつになり、新たに「調製粉乳」の規格が定められました。乳固形分50.0%以上となっています。これにはフォローアップミルクや未熟児用ミルクも含まれています。昭和56年には、「栄養改善法」(現「健康増進法」)の改正で乳児用調製粉乳が特別用途食品の対象食品に指定されました。さらに、昭和58年の乳等省令の改正で、乳児用調製粉乳への銅、亜鉛の添加も可能となり、各社とも添加しています。また、調製粉乳のほか、先天的に栄養素の代謝異常がある乳児のための治療用特殊ミルクや、牛乳アレルギー用のミルクもあります。

わが国で市販されている調製粉乳は、(株)明治、森永乳業(株)、雪印ビーンスターク(株)、和光堂(株)、アイクレオ(株)、雪印メグミルク(株)の6社が厚生労働省の許可を受けて製造しています。日本における乳児死亡率は第二次世界大戦後急速に低下し、昭和52年からは世界で最も低くなっています。これは医学や公衆衛生の進歩に負うことが大きいことはいうまでもありませんが、育児用粉ミルクも大きく貢献しているといえるでしょう。

検索結果に戻る