練乳について

きほん知識

練乳の種類はありますか。

練乳は牛乳や脱脂乳などを濃縮したものです。「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(略して乳等省令)では無糖練乳、加糖練乳、無糖脱脂練乳、加糖脱脂練乳に分類されています。家庭用以外にも練乳は、乳飲料、アイスクリーム類、製菓などの原料として使用されています。

無糖練乳(エバミルク)

牛乳を約2/5に濃縮したもので、缶に充填したあと、加熱滅菌してあります。乳等省令では、乳固形分25.0%以上(うち乳脂肪分7.5%以上)と規定されています。コーヒー、紅茶、料理に。

加糖練乳(コンデンスミルク)

牛乳にしょ糖を加え約1/3に濃縮したもので、しょ糖が45%くらい含まれています。乳等省令では、乳固形分28.0%以上(うち乳脂肪分8.0%以上)と規定されています。缶入りやチューブ入り、個包装のものが市販されています。イチゴ、かき氷に。

練乳の栄養

検索結果に戻る