バターの歴史

きほん知識

バターはいつ頃から使われているのでしょうか。日本に伝わったのはいつですか。

バターは、発酵乳とともに、乳利用の加工食品としては最も古い歴史をもっていますが、その起源については定かではありません。

紀元前2000年頃から作られていたバター

インドの古い経典には紀元前2000年頃、すでにバターらしきものが作られていたという記録がみられます。旧約聖書の中にも「かくてアブラハムはバターを取り、乳を取り…」という一節があり、古くからバターが作られていたことがわかります。古代ギリシャやローマ時代には、バターは食糧としてよりも医薬品や化粧品として用いられたようです。食用としての利用は、紀元前60年頃、ポルトガルが最初といわれています。その後フランス、ベルギー、ノルウェーとヨーロッパ各地に広がっていきました。

古代のバター製造と機械化

紀元前500年頃、ギリシャの歴史家ヘロドトスは「馬や牛の乳を木の桶に入れ、盲目の奴隷を使って激しく振動させ、表面に浮かび上がった部分をすくい取ってバターを作った」と書き残しています。古代アラビアでも革袋に乳を入れ、それを振動させてバターを製造していました。バターの製造方法は、革、木、陶器製の容器をゆり動かす方法から、石や陶器製の鉢に入れヘラ状の棒で撹拌する方法へと変わり、その後、容器と撹拌棒が改良され、17世紀末になると動力が利用されるようになりました。牛乳から分離したクリームを強く撹拌することによってできる乳脂肪の粒を集めるという製法の原理は今でも変わりません。

奈良時代に日本に伝来

6世紀頃、仏教とともに乳を利用する文化も渡来したといわれています。我が国の最古の乳製品といわれる蘇は牛乳を凝縮したもので、現在のチーズともバターともいわれています。醍醐天皇は諸国から蘇を貢ぎものとして集める「貢蘇の儀」を行なったと記録されています。平安時代の終り頃になると、朝廷の勢力が衰えるにつれ、全国にあった牧場もすたれ、乳製品は姿を消していきました。

和製バターの元祖?

「白牛酪」乳製品が再び日本にやってくるのは18世紀以降のことです。長崎の出島にあったオランダ商館では牛や山羊を飼い、バターを食べていたということですが、一般には利用されることはありませんでした。8代将軍吉宗はオランダ人にすすめられ白牛をインドより入手し、その牛乳から「白牛酪」を製造するようになりました。「白牛酪」は、乳を煮詰め乾燥させて団子に丸めたもので、バターという説もありますが、よりチーズに近いものともいわれています。

現在のようなバター製造は明治時代から

明治政府は、西洋にならって、広く国民に牛乳の飲用をすすめ、畜産を奨励しました。バターが最初に製造されたのは明治5年(1872)、東京麻布の北海道開拓第3官園実習農場で試験的に作られました。本格的な製造は、明治18年、東京麹町の北辰舎がクリーム分離機と回転チャーンを導入してからです。

バターの生産と消費

昭和20年(1945)以降バターの消費が増えましたが、昭和25年頃からはマーガリンの消費が増え、バターの消費は横ばいとなりました。現在では、塗りやすいホイップバター、発酵バターなどいろいろな製品が作られています。

バター作りの道具いろいろ

検索結果に戻る