バターとマーガリンの違い

きほん知識

バターとマーガリンはどのように違うのですか。

バターとマーガリンは外観はよく似ていますが、原料、製造方法、成分、風味などが大きく違っています。
バターは乳脂肪分80.0%以上(乳及び乳製品の成分規格等に関する省令)、マーガリンは油脂含有率80.0%以上(日本農林規格)と定められています。マーガリン類では、低エネルギーのものが好まれるので、油脂含有率が80%未満のファットスプレッドが主流です。

【歴史】

バターの起源は定かではありませんが、インドの経典には紀元前2000年頃、すでにバターらしきものが作られていたという記録があります。最初は医薬品や化粧品として用いられ、食用としての利用は紀元前60年頃からといわれています。一方、マーガリンは1869年フランスで生まれました。隣国プロシアと戦争していたフランスはバターが欠乏し、ナポレオン3世が代用品を懸賞募集したのに応え、メージュ・ムーリェという化学者が、牛脂と牛乳を混ぜ、冷やし固めたものを考案したのが始まりです。

【原料の違い】

バターの脂肪は牛乳の脂肪分だけですが、マーガリン類は植物性の脂肪からできていて、コーン油、大豆油、パーム油、なたね油、綿実油などの植物性の脂肪が使われます。これに乳や乳製品、ビタミンA、乳化剤、着色料を加えて作ります。原料によって固さや味の違った製品を作ることができます。

【製造方法の違い】

バターは牛乳からクリームを分離して撹拌し、乳脂肪を凝集させて作ります。マーガリン類は食用油脂に水、食塩その他乳成分、ビタミンなどを加えて混合乳化し、冷やし固めて作ります。

【栄養成分の違い】

バターのビタミンAは牛乳由来のもので、100gあたり510μgと豊富に含まれています。100gあたりのコレステロールはバター210mg、マーガリン5mg、ファットスプレット4mgです。

【風味の違い】

優れた風味のバターは料理やお菓子作りに欠かせませんし、マーガリン類にはあっさりとした味わいがあります。それぞれの特長をいかして上手に利用してください。

バター・マーガリン類の栄養

検索結果に戻る