発酵バター

きほん知識

発酵バターとは、どのようなものですか。

発酵バターは原料のクリームに乳酸菌を加え、乳酸発酵させてから作ります。原料のクリームを乳酸発酵させることにより、独特の味や香りが出てきます。
ヨーロッパなどでは、古くからバターが作られていました。そのころの技術では牛乳からクリームを充分に分離するまでに自然に乳酸発酵が進み、このクリームを使って作るバターは発酵バターでした。その伝統が受け継がれ、これらの国々では発酵バターが主流となりました。
日本の場合、バターは近代的な製造技術とともに導入されたため、多くは非発酵バターですが、最近では発酵バターも増えてきています。クリームを乳酸発酵させて作る方法や、出来上がったバターに乳酸菌を加える方法などがあります。乳酸菌の種類により味や風味が異なります。
発酵バターの利用方法は普通のバターと同じで、パンに塗ったり、炒め料理、お菓子作りなどに使うと、コクのある仕上がりになります。普通のバターと同じように冷蔵庫で保存してください。

検索結果に戻る