バターの栄養

きほん知識

バターにはどのような栄養がありますか。

バターには、良質な乳脂肪と豊富なビタミンAが含まれています。バターの成分の約80% が乳脂肪です。
この乳脂肪は食用油脂の中で最も消化がよく、吸収率は97~99%にもなります。赤ちゃんの離乳食や胃腸の弱い人、お年寄りも安心して利用できる食品です。脂溶性ビタミンであるビタミンAは天然油脂中最高の含有率です。
バターの黄色は、ビタミンAのカロテンの色で、カロテンは牛の餌となる牧草に含まれています。ビタミンAは成長に欠かせない大切なもので、肌や粘膜を健康に保ち、細菌に対する抵抗力を強めます。カルシウムの吸収を促進するビタミンDや、老化を防ぐビタミンEも含まれています。

バターの栄養

検索結果に戻る