コーヒーにクリームを入れると固まる理由

きほん知識

コーヒーにクリームを入れると、羽毛状に広がりました。どうしてですか。

クリームを入れると徐々に混ざり合って、コーヒーの色がしだいに変化していきますが、クリームを入れた瞬間、細かい羽毛のような形に固まることがあります。この現象をフェザーリングとよんでいます。

【コーヒーが原因の場合】

フェザーリングは、コーヒーの酸度と温度により、クリーム中のたんぱく質が不安定になり、安定した乳化状態が得られない場合におこる凝固現象です。酸度や温度が高いほどその影響は大きく、このような現象が生じやすくなります。
コーヒー抽出液には、有機酸などの酸性物質が含まれており、特に酸度の高いコーヒー(pH5.5以下)にクリームを入れた場合におこりやすくなります。酸度の高い品種は、コスタリカ、グァテマラ、キリマンジャロなどです。
また、コーヒー豆の焙煎度が低いときや、何度もコーヒー液を温め直した場合も酸度が高くなります。

【クリームが原因の場合】

クリームの品質が落ちて酸度が高くなった場合や、温度管理が悪いなど品質が劣化しているとフェザーリングがおこります。クリームは、温度によって変化を受けやすいものです。表示を確認のうえ保存してください。

検索結果に戻る