クリーム類の保存

きほん知識

クリーム類の保存はどのような点に注意したらよいのですか。

クリーム類の品質を保つためには、温度管理と衝撃を与えないことの2つが最も大切です。

必ず5℃前後で保存してください

脂肪球は、温度による変化を受けやすい性質があり、温度が上がると脂肪球が壊れ不安定になるとともに、脂肪球どうしが繋がり固まってしまいます。クリームの温度が20℃以上になると脂肪球がダメージを受け、その後冷却しても、品質は元に戻りません。このような状態になると、コーヒー用クリームではコーヒーに入れると固まり(フェザーリング)、油が浮いた状態(オイルオフ)になることがあります。ホイップ用クリームではホイップしても空気を抱き込まず、ダレたり、バター状になったりします。

衝撃や振動は避けてください

クリームに衝撃や振動を与えると、脂肪球どうしの衝突が激しくなり、脂肪球膜が傷つき乳化が壊れて脂肪のツブができ、固化する原因になります。冷蔵庫のドアポケットには入れないでください。

開封後は封をしっかりして早めに使用してください

においを吸着しやすい性質があります。開封したらしっかり封をして、においの強いもののそばに置くのをさけ、賞味期限にかかわらず早めに使用してください。

  • ホイップ用クリームは液状のままでは冷凍できませんが、泡立てたものは冷凍保存できます。コーヒーや料理に利用しましょう。
  • コーヒー用クリームの中には常温保存が可能なものがあります。表示を確認のうえ保存してください。

検索結果に戻る