クリーム類の栄養

きほん知識

クリーム類は種類によって栄養の違いがありますか。

クリーム類は脂肪の種類や含有量により、栄養が異なります。脂肪の種類では、乳脂肪のもの、混合脂肪のもの、植物性脂肪のものがあります。含まれる脂肪分は20~50%くらいまで様々です。
クリーム類は脂肪ばかりだと思っている人も多いようですが、脂肪以外にも原料の生乳に由来するカルシウムなどの栄養素が含まれています。特に、ビタミンAは乳脂肪の割合が多いほど豊富に含まれています。
乳牛が飼料とする青草に含まれているβ-カロテンが乳脂肪中に多く含まれているためです。β-カロテンは、体内で必要に応じてビタミンAに変わります。

クリーム類の栄養

検索結果に戻る