家庭でのカッテージチーズの作り方

きほん知識

牛乳と酢でカッテージチーズができると聞きましたが。

カッテージチーズは、脱脂乳などを主原料として、乳酸菌と凝乳酵素を加えて作った熟成させないフレッシュチーズです。たんぱく質が多く、脂肪は少ない低エネルギーのチーズです。ここで紹介するものは、カッテージチーズそのものではなく似たようなものですが、家庭でもレモン汁や酢を使って手軽に作ることができます。

材料(できあがり約1カップ)

牛乳1リットル レモン汁(または酢)大さじ5(75ml)

【作り方】

1:牛乳を90℃くらいまで加熱して、レモン汁を加え軽く混ぜ合わせ、火からおろします。
2:しばらくそのままにしておくと、白い固まりと薄黄緑色の透明な液に分かれてきます。
3:清潔なふきんでこします。
4:できあがったものは日もちしないので、その日のうちに食べてください。

【利用法】

  • しょうゆをかけたり、ジャムといっしょに
  • サラダやカナッペに、チーズケーキの材料に
  • 豆腐の代わりに、白あえの衣に

ホエーの利用法

作り方2での透明な液はホエーといって、たんぱく質やカルシウムなどを含んでいるので、捨てずに利用してください。

  • はちみつなど甘味をつけてドリンクに
  • 酸味を利用して甘酢あん、すし酢に

検索結果に戻る