ナチュラルチーズの名前の由来

きほん知識

ナチュラルチーズの名前はどのようにしてつけられたのですか。

日本の漬物に産地の名前がついているように、ナチュラルチーズも作られた地名に由来するものが多くあります。また、形や製造方法などからつけられたものもあります。

【作っている地方や村の名前に由来するもの】

イギリス
チェダー(村)
オランダ
エダム(村)
ゴーダ(村)
スイス
グリュイエール(村)
エメンタール(地名)
イタリア
パルミジャーノ・レッジャーノ(地方)
フランス
カマンベール(村)
ロックフォール(村)
ブリー(地名)
フリム・ダンベール(地名)
ボフォール(地名)
ブルー・デ・コース(地名)
ブルー・ドーベルニュ(地方)

チーズマップ

【修道院の名前に由来するもの】

自給自足の環境で同じ原料乳でも独自のチーズを生み出しました。ウォッシュタイプのものに多く、フランスのトラピストやポール・デュ・サリューが有名です。

【製造方法に由来するもの】

モッツァレラは“ひきちぎる”の意味。
リコッタは“ 2 度煮た”の意味で、チーズを作るときにできたホエーを使って作ります。
クラッレ・リヨネは“リヨンの平手打ち”の意味、打ちつけるようにして作ります。

【形に由来するもの】

クロシェット(鈴)、ボントン(樽の栓)、テート・ドゥ・モアン(修道士の頭形)、プロボローネ(ボール形)、テティージャ(小さな胸)

【色に由来するもの】

青カビをつかったチーズをブルーチーズとよび、デンマークのダナブルー、ドイツのババリアブルーなどがあります。フランスには“真白なチーズ”という意味のフロマージュ・ブランもあります。

【ユニークな名前のチーズ】

カプリス・デ・デュー(神々のきまぐれ)
フランス
ブリア・サヴァラン(有名な美食家の名前)
フランス
ブラン・ダムール(恋の芽生え)
フランス
エクスプロラトゥール(探検者)
フランス
ドファン(ルイ14世の王子の名前)
フランス
マスカルポーネ(絶品(スペイン語))
イタリア
カチョカヴァロ(馬上のチーズ)
イタリア
ベル・パエーゼ(美しい国)
イタリア
ラクレット(削る)
スイス

検索結果に戻る